雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

紫外線が皮膚に与える影響

投稿日:2018年8月15日 更新日:

紫外線はメラニンの沈着で黒化し、皮膚に火傷を作ります。ただしこれは、夏場の強烈な紫外線を長時間浴びていれば、という話です。

シミが残ることもあれば皮膚がんになることもありますが、日本における皮膚がん死亡数の割合は、0・35パーセントとなっています。

紫外線が皮膚に与える影響は、黄色人種の日本人は、白色人種に比べてはるかに低いです。全がん死亡数に占める、皮膚がん死亡数の割合は、0・35パーセントですので。

紫外線と聞くと、皮膚がんを恐れる方も多いかも知れませんが、欧米でいわれていることがそのまま当てはまることはありません。

皮膚がんの発生率は、米国では年間120万件も発生していますが、日本では6844人です。このように、皮膚がんの発生率は、日本人では非常に低いのです。

薬というのは使う量を間違えれば毒になります。一度に大量に摂取すれば死に至る危険性もあります。

不眠で苦しむ方には、睡眠薬なくてはならないものでしょう。しかし大量に摂取すれば、へたをすれば死にます。

適量の紫外線は、病気の状態を回復するための薬にもなるのです。健康を保ちます。日本人にとっては太陽光のリスクよりも、恩恵の方がはるかに多いといえるでしょう。

一部化粧品メー力ーの宣伝に使われて久しいのですが、皮膚科医によって皮膚がんのリスクが言われているのは、本当なのでしょうか。

赤外線の効果

また、太陽からは遠赤外線も大量に降り注いでいるのですが、地球上に届いているのは一部です。ほとんどが大気に吸収されます。

そのままの量が地球上に届いたら、私たちは生きていけないでしょう。

赤外線はいわゆる熱線です。赤外線は近赤外線、中赤外線、遠赤外線の3種類があります。

暖房器具などに使われています。温度の高いものほど強い赤外線を発します。

ただ、赤外線は皆さんが考えているほど長くはありません。

赤外線は対象物を温める性質がありますが、人体への温熱持続効果は、30分ほどしかありません。

だいたい30分ほどは熱を維持しますが、だんだん冷めていきます。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

咽頭がんはリンパ節転移を高率に伴っている

咽頭部は医学的に、上咽頭(鼻咽頭)、中咽頭、下咽頭の三つの部位に分けられる。下咽頭はのどから食道の入り口までの部位である。 中咽頭は口を開けたときに見えるのどの部位。そして、上咽頭は鼻の奥の部位で頭蓋 …

no image

簡単に見つかる!一般内科の求人をたくさんチェックできるサイト

現在、日本国内には、内科医がかなりいます。日本の医師の3分の1は内科医であると言われていて、外科やその他の科の医師よりも圧倒的に多いようです。これほど内科医が多いということは、求人を探す場合は、苦労し …

no image

インフルエンザ脳症とは?原因や特徴

インフルエンザ脳症は、発生件数は年間200-300人にのぼります。乳幼児のインフルエンザにともなった脳症として大変問題になっており、研究が進んでいます。 インフルエンザ脳症は、サイトカインストームが考 …

no image

後期高齢者の医療費の自己負担割合など

医療費を、これまでは自分が入っている保険(国民健康保険や、まだ会社に雇われている人は組合健康保険など)で賄っていた。もちろん、保険というのは、若い人も含めて平均的に病気になる確率から計算して保険料を決 …

no image

医学部の定員増の問題

定員増の合意は、文部科学省だけでなく、厚生労働省、総務省、そして財務省までが合意している。大学側も、そうそう県の要望に逆らえなくなる。というのは、これは公立大学だけの問題ではない公立大学にとっては、一 …