雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

冷えや低体温が招きやすい病気や症状の予防

投稿日:2018年8月15日 更新日:

日本では、病気にならないための手段があまり知られていません。病気になったら医者に診てもらうのが当たり前だからです。

自分で守り変えていく意識を、持ってください。自分の体を他人任せにするのではなく、自分で健康維持に努めましょう。ご自身の自然治癒力を高めることを目指していただきたいです。

今現在、病気で苦しんでいる人、そんな人たちは、医師に診てもらって薬や外科的治療をしてもらうことも大切ですが、なんとなく調子が悪くて健康に自信のない人は、健康的な生活をするようにして、自信を取り戻してください。

体温を上げて新陳代謝を良くすることが大切です。健康を維持するために重要です。

・冷蔵庫の普及による冷飲食の過多に注意

・シャワーだけの入浴に注意

・エアコンの普及と冷房の効きすぎに注意

・水分の取り過ぎに注意

・極端な塩分の摂取制限に注意

・交通機関の発達と車の普及による運動の減少に注意

・電気掃除機、電気洗濯機の普及による運動の減少に注意

病気にならないための予防方法に関する知識を身につけましょう。大切なのは予防です。

毎日の生活の中でそれを実践していくことが大切なのです。

歯医者に行くのがイヤだから、誰もが歯磨きをして虫歯予防をしますよね。それと同じことです。

冷えや低体温が招きやすい病気や症状

冷え、低体温が招きやすい病気や症状

・その他一般的な疾患

めまい、メニエール症候群、糖尿病、関節炎腎臓疾患、肝臓疾患、胃腸障害、がん、高血圧、高脂血症、肩こり、腰痛リウマチ、肥満、口内炎、口角炎、バセドウ病

・婦人科系疾患

子宮筋腫、更年期障害、不妊症、不育症、生理不順、生理痛、子宮内膜症、

・アレルギー疾患

気管支端、息アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、

正常な体温が高く、免疫機能が備わった体なら、これらの病を発症することはほとんどないでしょう。

ほんの一例ですが、冷えや低体温に起因した病気や症状です。

今、体温が低くても、免疫力が向上し自分自身の力で病気を軽減することができます。

これから体を温かく保つことで、改善していけます。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

アメリカの病院システムで有名なマネージド・ケアというシステム

アメリカはマネージド・ケアというシステムを作り出した。これは医者、病院、保険会社が患者個人や会社を相手に、決められた予算のなかで医療のサービスを行なうという制度である。しかし、このシステムでは医者はで …

no image

救急対応なしの転職案件を見つけたいならここがおすすめ!

救急対応がきついと考える医師は多いようです。そんあ医師の多くは、救急対応のない病院への転職を考えます。そんな時、救急対応のない求人をどうやって探せばいいでしょうか? 求人広告を見ればすぐに見つかりそう …

no image

タバコのデメリットや害を知る

喫煙される方は肩身の狭い思いをしていることでしょう。喫煙者はどんどんと肩身の狭い思いをさせられ、今よりももっと肩身が狭くなることは明白でしょう。 もうこの際、そんな肩身の狭い思いをするのはやめにしませ …

no image

病院食がまずいのは調理のせいではないようだ

もちろん病気によっては食べてはいけない食品があり、好き勝手に食べられては満足な治療ができないことはあるのだが、病院食が美味しくないというのは有名な話で、病院食を食べるのがイヤだから入院したくない早く退 …

no image

タレント教授で生き残る大学病院のやり方

自分の大学病院の情報を外に発信することが、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的にも、自分の大学病院にとっても重要であり、社会的要求であると理解できるようになるには、まだまだ時間がかか …