雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

抗原提示細胞活性化物質粘膜アジュバント

投稿日:2018年8月14日 更新日:

効率よく粘膜免疫を体につくらせるためには、タンパク質である不活化抗原を用いて、抗原とともに感染の信号が必要になります。

抗原に加えて抗原提示細胞の活性化物質である粘膜アジュバントが必要です。経鼻接種ワクチンによる粘膜免疫の応答を考える場合です。

細胞性免疫や抗体を長時間体内に留まらせる役割を担い、投与した抗原に対する細胞性免疫や抗体の生産を増強したりします。生体内に抗原と一緒に投与することで、効果が得られます。

ワクチンの免疫応答を増強するために加えられる物質である、アジュバントという薬を用いる必要があります。実際の感染以外で自然免疫系への刺激を加えるために必要です。

感染の信号、獲得免疫につながる自然免疫系への刺激ガ必要です。その刺激そのものが抗原提示細胞を刺激し、私たちの生体が感染を感知するシステムへの刺激になります。

RNAウイルスが増殖するときに作られる二本鎖RNAガありますが、インフルエンザウイルスはゲノムにRNAをもつRNAウイルスで、トール様受容体3を介してウイルス感染の信号を伝えるアジュバントとなり得ます。

防御に有効な獲得免疫ができることが期待

感染時と同様の、防御に有効な獲得免疫ができることが期待されます。ウイルスの自然感染を模倣することによってです。

ワクチン抗原とともに自然免疫系への刺激が必要になります。粘膜での抗体応答を得るためには、自然免疫系への刺激が必要です。

血液の中には特異的IgG抗体がつくられ、鼻の洗浄液の中にはインフルエンザウイルスに対して特異的な分泌型IgA抗体がつくられることが、3週間の間隔で2回マウスに経鼻接種した実験からわかりました。

合成した二本鎖RNAをインフルエンザワクチンとともに、3週間の間隔で2回マウスに経鼻接種した実験です。

これらの抗体があることで、感染を完全に防御できることが明らかになりました。致死的な感染に対してもマウスが100%生存します。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

これで大丈夫!オンコール待機のドクター求人案件が見つかる会社

オンコール待機の勤務を希望する医師はけっこういます。オンコール待機の求人で、ほとんど出勤しなくてもいいというような求人もよく見かけますが、そういった求人はどこで探せばいいでしょうか。 求人誌を見ても、 …

no image

医療コンサルティングの助けを借りれば最高の転職先が見つかる!

医者が転職先を探す場合、ツテを頼りに探す場合が多いようです。ただ、頼るツテがない場合には、自分の力で探さないといけなくなります。 かたっぱしから病院のホームページを見て募集を書けてないか調べ、求人誌を …

no image

エディプスコンプレックスとは?特徴や具体例

エディプス・コンプレックスは、6~12歳頃には克服されるのが普通だ。エディプス・コンプレックスは、母親に愛着を持ち、父親に敵意を持つ息子のことだ。 母親に愛着し、依存していると考えられる。父親を敵視す …

no image

小児期の分離不安障害は小学生や中学生にも起こる

いつまでも不安を克服できない子どもがいる。大半の子どもは平気で親と離れられるようになるのに、ちょっとでも姿が見えないと、不安にかられて泣き出したりする。 小さな子どもはいつも親のそばを離れず、入園直後 …

no image

もしインフルエンザにかかったら-特徴や治療法、発症後の対策は?

もしインフルエンザにかかってしまったら、すぐに医療機関を受診しましょう。インフルエンザウイルスはかなり早いスピードで増殖します。 インフルエンザウイルスはかなり早いスピードで増殖しますので、できるだけ …