雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

粘膜表面に分泌されたIgA抗体の交叉防御能

投稿日:2018年8月14日 更新日:

粘膜上につくられるIgA抗体には、感染時に働く点、変異株に対しても有効である交叉防御能をもつ点という、防御上有利な点があります。

粘膜表面に分泌されたIgA抗体は、感染自体を阻止することができます。病原体が粘膜上皮細胞に感染する前にウイルスに結合するためです。

粘膜での防御機構には、分泌型IgA抗体、自然免疫機構とを中心として、感染の初期では前者が、後期もしくは再感染に際しては後者が中心的な働きをします。血中由来のIgG抗体も関与する粘膜での獲得免疫機構が存在します。

全身の粘膜で機能する点も感染を防ぐ上で有利です。抗体がつくられる部位が気道粘膜であってもです。

分泌型IgA抗体は、インフルエンザの防御上とても有利な方法といえます。変異したインフルエンザウイルスに対しても防御するような交叉防御能を有しています。

ワクチンによって、ウイルスに自然感染したときと同様の分泌型IgA抗体に代表される粘膜免疫を、体につくらせることができるかどうかが重要になります。感染防御に非常に有効だからです。

高病原性鳥インフルエンザのヒトでの感染では、腸管をはじめほかの臓器への感染が報告されています。高病原性鳥インフルエンザのヒトでの感染は、その感染部位が呼吸器に留まりません。

インフルエンザウイルスに対する分泌型IgA抗体が

インフルエンザウイルスに対する分泌型IgA抗体が、気道や腸管を含む全身の粘膜で、作り出されるようにしなければなりません。

インフルエンザウイルスの最初の感染部位は鼻やのどといった上気道なので、粘膜上へのインフルエンザ特異的分泌型IgAが作られます。感染の場である鼻腔粘膜にワクチン接種をすることにより作られます。

感染の場である粘膜部位へのワクチンを投与する必要があります。粘膜上に免疫がつくられるようにするには、必要なことです。

ただ、これまでにインフルエンザウイルスに感染したことがない人に対しては、免疫応答はほとんどみられません。不活化されたウイルスの成分からなるワクチンを経鼻噴霧しても、免疫応答はほとんど見られないようです。

私たちの体はタンパク質のみを鼻に入れてもなんら反応しないのです。なぜならば、ワクチン成分は主にタンパク質からできているからです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医学部の解剖実習出会いと相性とないものねだり

G君たちの班の解剖体は、脳溢血で亡くなった42歳の男性のものだ。解剖実習に使用される解剖体は、班ごとに一体ずつ割りあてられる。生前はよく身体を鍛えていたのだろう、色浅黒く、筋骨たくましい。彼らの班が脳 …

no image

インフルエンザはなぜ毎年流行するのか?

ウイルスは、何故早いスピードで世界中を駆け巡る事が可能なのか。 なぜ次々と新型と呼ばれるインフルエンザウイルスが生まれてくるのでしょうか。それは、インフルエンザが強力なウイルスだからです。 インフル工 …

no image

派手な看護師の意外な一面-しっかりと仕切ってくれる姉御肌

後輩ナースの面倒見もよくて、そんなオトコは甲斐性なし。ダメよ早く別れなよ。その彼は大事にしな。気持ちの大きなオトコがいちばんだから。なんて、きっぱりとアドバイスしてくれる姉御という感じです。大部屋の患 …

no image

インフルエンザ脳症とは?原因や特徴

インフルエンザ脳症は、発生件数は年間200-300人にのぼります。乳幼児のインフルエンザにともなった脳症として大変問題になっており、研究が進んでいます。 インフルエンザ脳症は、サイトカインストームが考 …

no image

虐待の原因と子供への影響

理想の母親像に苦しむ母親たちの児童虐待が問題となっている。最近では家庭の外からは早期発見の難しい養育放棄の深刻な実態が浮かび上がっている。 身体的な虐待のほか、養育放棄、性的虐待、心理的虐待があり、テ …