雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの指標トレードに挑戦する

投稿日:2013年5月5日 更新日:

指標トレードに挑戦するのにいい方法があります。

指標トレードとは、経済指標発表時に、レートが大きく動くときに、トレードをすることですが、指標トレードだけで、毎月プラス収益を出している、指標マスターもおられるくらい、指標トレードだけでも稼げます。

指標発表のスケジュールは、証券会社のホームページなどで見れますので、口座を開設した証券会社のホームページを見てみましょう。

もし、口座を開設した証券会社に、指標発表のスケジュールが載っていなければ、「指標発表 スケジュール」とネット検索すれば、指標発表のスケジュールを載せているホームページが見つかりますので、そういったサイトなどを見て、指標発表がいつあるのか調べておきましょう。

指標発表には、発表後にレートが大きく動く指標と、全くレートが動かない指標発表など様々なものがありますが、指標発表のスケジュールが載っているサイトを見ると、それぞれの指標発表の重要度を、星の数で評価していますので、4つ星と5つ星の付いた指標発表だけを狙って、指標トレードをします(星1つ~星3つだと、ほとんどレートが動かない場合が多いです)。

難しい指標トレード

4つ星と5つ星の付いた指標発表の時間になったら、レートが上昇か下降に大きく動くことが多いですが、例えば、21時に5つ星の指標発表があるとしたら、21時になる前に、チャートを見て、さらに、いつでも成行でロングかショートができるように、取引画面を出しておいて、準備をしておきます。

そして、21時になって、レートが上昇か下降に大きく動いたのを見て、すばやく、ロング注文かショート注文をします。

ただ、指標発表時には、レートが上昇したあとに、すぐに下降してしまうようなことがよくありますので、エントリーしたあとに、レートがすぐに逆に動いてしまったら、素早く決済をしてしまいましょう。

指標発表は、レートの動く早さが異常に早く、うまくやらないと、損益を出してしまうことが多くなると思いますので、もし、自分が指標トレードに向いていないと思ったら、指標トレードはしないほうがよいでしょう。

また、指標トレードを逆指値で行うことでうまく勝てることもあります。

今人気のFXのデイトレードとは?

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ドルが強気を示したが中国発の買い再開に上昇

ニューヨーク金価格はドルが強気を示したが、中国発の買い再開に上昇した。26日、ニューヨーク商品取引所で4月物の金価格は、前日よりオンス当たり8.60ドル(0.7%)高くなった1,210.10ドルで取引 …

証券会社に預けたお金の保証

証券会社に預けたお金の保証は、どうなっているのでしょうか? もし、株を始めようと思って、証券会社に口座を開設して、開設した口座にお金を入金したとして、その入金した証券会社が突然倒産してしまったら、預け …

FXのIFD注文でワンセット注文すれば取引が2倍楽になる

FXでは、注文を出した後、チャートに張り付いていないといけなかったりして、他のことができなくなることが多いものです。 もしも、注文を出した後に、出かける用事などがあった時に、自動で決済をしてくれる機能 …

FXで通貨の強弱で相場を見る方法

通貨の強弱で相場を見る方法があります。 例えば、ドルと、円と、ユーロの3つの通貨の中で、今現在、どの通貨が一番強いのかを見るために、まず(順番はどうでもいいですが)、「ドル/円」の移動平均線が、上昇し …

捨て子線(安値寄り)と二つ星・三つ星(下げ)のチャートパターン

捨て子線(安値寄り)と二つ星・三つ星(下げ)を紹介します。 捨て子線(安値寄り)は、捨て子線(高値寄り)と最後の抱き線(下降)の記事で紹介しましたが、捨て子線(高値寄り)と違うのは、下落相場で、大きな …