雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルエンザスプリットワクチンの効果

投稿日:2018年8月14日 更新日:

本物のウイルスに感染したときに、その増殖を抑えて重症化を防ぐことができるように、ワクチンによって人為的に体に抗体をつくらせます。

インフルエンザスプリットワクチンは、インフルエンザにかかったときの重症化を予防する働きがあるとされています。インフルエンザスプリットワクチンを皮下接種することによって、重症化を予防することができます。

抗体は、次の感染に備えることができます。ヒトがウイルスなどの病原体に感染したときに体内でつくられる免疫のーつです。

ワクチンによって私たちの体の中につくり出される抗体という成分が、重症化を予防する働きを担うの成分です。

インフルエンザスプリットワクチンは、二ワトリの卵を使ってつくられるワクチンです。インフルエンザスプリットワクチンを注射しておくと、効果を発揮します。

ワクチン成分の中でもウイルスの体内での感染防御に効く抗体は、ヘマグルチ二ンとノイラミニダーゼに対する抗体であると考えられています。

ウイルスの表面にあるタンパク成分に対するもので、ウイルス成分に対する抗体が体内につくられます。

ワクチンの皮下接種によって

ワクチンの皮下接種によって体がつくり出す抗体は、感染の広がりを抑える働きがあります。おもに血液の中に分泌されて全身を巡ります。

いくつかある抗体の種類の中でもIgG抗体といわれる抗体で、抗体はウイルスなどの病原体の成分に結合することによって、効果を発揮します。

ワクチンはインフルエンザの重症化から、このような働きによって、私たちを守ってくれるのです。

ノイラミニダーゼは、感染後に新しく生まれて出てくる子孫ウイルスを放出させなくすることができます。その働きを抗体で抑えることができるのは、ウイルスが細胞から出芽するときに使う酵素であるためです。

ヘマグルチニンはウイルス表面に多数存在し、ウイルスが私たちの体内の細胞へ感染する能力をなくさせることができます。

最初に細胞の受容体に結合するタンパク質であるため、ウイルスが私たちの体に感染するときに、これに抗体が結合することによって、細胞へ感染する能力をなくさせることができます。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

交通事故現場で卒倒してしまったある病院の院長の話

交通事故現場で卒倒してしまったある病院の院長の話 ・事故現場で卒倒した辣腕外科医のひとりごと 下町に大きな市中病院を経営する、院長兼外科部長であるO氏は、手術が三度の飯より好きな医者。もちろん腕もいい …

no image

医療求人サイトランキング

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっしゃるのではないかと思います。ここでは、今の仕事に不満があったり、やむおえない事情があって、転職を考え …

no image

必見!今の医療現場に嫌気がさした時に転職を考えるならこれ!

医師が転職を考える場合、自分で転職のために動くのはかなり大変です。ツテはある方なら何とかなるかもしれませんが、1から探していくとなると、求人誌を見たり、病院のホームページを見て調べたりと、かなり時間が …

no image

薬の種類が多いことで起こる患者への弊害

ある患者さん。不眠症の治療を除いて、まず耳鼻科から整形外科の六科に受診したとしましょう。この事態がすべて大病院の中で行われたわけですが、バラバラの医療機関です。いずれのお医者さんからも親切にしてもらっ …

no image

インフルエンザとRNA二本鎖

私たちの体の中では、常に外部からの病原体の侵入を見張っています。常に外部からの病原体の侵入を見張っていないと、大変なことになってしまいます。 病原体の成分を検出するシステムが存在しているのですが、もし …