雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルウイルスワクチンと流行予測

投稿日:2018年8月14日 更新日:

ワクチンはウイルスを元にして作られます。ワクチンのつくり方としては、病原体そのものを増やして、その成分を用いるのが一般的です。

ウイルスがつくり出す毒素の力を弱めたものがワクチンです。インフルエンザウイルスの攻撃から身を守るための力ギとなるのが、ワクチンです。

ワクチンは、病原体からの攻撃に備えるものです。感染症の病原体の構成成分をあらかじめ体に取り入れて免疫をつくることにより、攻撃にあらかじめ備えるものです。インフルエンザワクチンに限らず、色々な病原体に対して作られます。

インフルエンザウイルスの暴露歴が多い人は、インフルエンザにかかりづらいですが、同じように、人工的に毒素の力を弱めたものを使ってウイルスに暴露させ、インフルエンザにかかりにくくするわけです。

では、国内で使われているインフルエンザワクチンは、どのようにして作られていくのでしょうか?

まず、国立感染症研究所によって検討され、次のシーズンに流行しそうなインフルエンザウイルスのワクチン株を選びます。

このワクチン株は、検討をもとに厚生労働省が決定します。前年度の11~12月に、次年度シーズンの予備的な流行予測を行います。

インフルエンザの流行状況を精査

全国74カ所にある厚生労働省結核感染症課を結ぶ感染症発生動向調査事業、地方衛生研究所と国立感染症研究所による流行状況を精査します。

分離ウイルスについての抗原性や遺伝子解析の成績などをもとにして(約5000~7000株)次年度シーズンの予備的な流行予測を行います。

選定の際のポイントは、インフルエンザウイルスの流行状況です。いくつかありますが、インフルエンザウイルスの流行状況の確認は大事になってきます。

最終的には、外国での流行情報などを総合的に検討して、決定されます。

WHOにより2月中旬に出される北半球の来年へのワクチン推奨株とその選定過程、実際にワクチンを作るに適した株であるかどうかを検討していきます。

いくつかのワクチン候補株を選択します。流行するだろうと考えられるインフルエンザウイルスに対して、おおよそ3シーズン分の流行情報を中心に決定されます。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Dr.アルなびの口コミ

Dr.アルなびは、非常勤や単発アルバイトなどの求人を見つけることができるサービスです。Dr.アルなび以外にも、Dr.転職なびというサービスも運営しています。 そんなDr.アルなびの口コミを紹介していこ …

no image

人獣共通感染症インフルエンザの脅威

インフルエンザウイルスがヒトに感染するとき、感染はヘマグルチニン(HA)が宿主の細胞表面にあるシアル酸に結合することから始まります。 ヒトに感染するとき、インフルエンザウイルスが私たちの体の細胞と最初 …

no image

これはいい!マイカー通勤可の見つかるドクター求人サービス

当直など、勤務体制が不規則な医師の場合、マイカー通勤ができないと出勤するのが大変である場合が多いです。ですので、多くの医師はマイカーでの通勤を希望します。 多くの医療機関には駐車場が完備されていて、マ …

no image

医者は手術の時に雑談を話すというのは本当?

斬刀医はキャリア7年くらいの先輩、アシスタント役は新人の後輩、この二人が手術担当医師でした。患者さんの麻酔が効いて、メスを握るとすぐにしゃべり始めました。学生実習で、ある病院の作科の手術を見学したとき …

no image

看護師で彼氏のいない人のクリスマス事情

不思議なことに、クリスマスの夜勤を好むナースもいるのです。彼氏なし夜勤が救いのクリスマス。大晦日やお正月だって、もちろんクリスマスだって、誰かは夜勤をしていることになります。 そんな日に夜勤が当たった …