雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

高病原性鳥インフルエンザウイルスパンデミックの脅威

投稿日:2018年8月14日 更新日:

高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1というインフルエンザパンデミックが、過去に大きな被害をもたらしました。

当時、「鳥インフルエンザ」という名前で、日本中を震撼させましたが、鳥インフルエンザが、人に感染した初めての例だっただけに、その衝撃はかなりのものがありました、

高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1は、18人の感染があり、うち、6人の人が亡くなられています。また、ニワトリが150万羽も殺処分されました。

原因ウイルスである高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1が発見されたのは、香港でした。1997年に始めて発見されましたが、最初に発見されたのは、3歳の子供からでした。

高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1が、もしパンデミックを起こしたら大変なことになると恐れられています。その理由は、高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染した人の致死率が非常に高確率だったことです。

ベトナム、タイ、インドネシア等東南アジアを中心に増加し、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1の累計の患者数は、500人を超えています。

人への感染は重症呼吸器疾患を引き起こす

人への感染は、重症呼吸器疾患を引き起こすと報告されていて、高病原性鳥インフルエンザの脅威を物語っています。

肺胞細胞が感染のターゲットとなり、ウイルス性の肺炎を起こして強い呼吸障害を引き起こしていると考えられます。鳥のインフルエンザウイルスに対する受容体は、私たちの体の中では肺胞におもに発現しているためです。

病理学的な検索により広汎な肺胞障害をともなったウイルス性の肺炎が、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1では見られました。

今のところ、人から人へ広がった例はほとんど報告されていません。人での感染は鳥から直接、感染した例に限られており、

高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1のウイルスの感染は、血管内皮細胞、マクロファージ、肺胞の上皮細胞等に認められました。

通常のインフルエンザの症状に加えて強い呼吸障害を来たすのが、高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1の症状の特徴です。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医師国家試験は実はそんなに難しくないという意見もある

国家試験をパスしないと医者になれないわけだが、この国家試験は実はそんなに難しくないという。大学時代にちゃんと勉強していれば、すんなり合格するような基本的な問題ばかりのようだ。ところがこの試験に落ちるの …

no image

医療求人サイトランキング

あなたは今の職場に満足されていますか?収入や人間関係、待遇問題など、不満を持っている方は多くいらっしゃるのではないかと思います。ここでは、今の仕事に不満があったり、やむおえない事情があって、転職を考え …

no image

可視光線が体を温める効果

体を温めていると、健康になれます。体は冷やしてはいけません。可視線に当たると、体は温かくなります。 可視線を当てると体が温かくなるのは、どういうわけでしょうか。遠赤外線のように直接体を温めることはあり …

no image

妊娠から出産までの流れ-費用や期間はどうなってる?

妊娠をしますと、お腹に赤ちゃんが誕生し、おなかの中で少しづつ大きくなっていきます。妊娠から出産までの期間は10ヶ月くらいです。 最初、妊娠し始めの頃は、お母さんが気が付かないことが多く、妊娠の兆候が現 …

no image

内臓逆位で心臓も逆に!?鏡の世界に戸惑うお医者さん

検診の結果報告のため、わざわざ担当医に呼びつけられたGさん、なにか悪い病気かと戦々恐々であった。先生、なにか見つかりましたか?いや、別になにもありませんよ。診察室に入ると、担当医は深刻な面持ちでシャー …