雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXのテクニカル分析でトレード

投稿日:2013年4月28日 更新日:

FXの市場参加者の多くが、テクニカル分析でトレードをしています。

テクニカル分析は、ローソク足やオシレーターと呼ばれる、相場の強弱が一目で分かるような相場分析指標などを駆使して、FXの為替レートの価格の動きを予想していく分析法で、テクニカル分析を有効に使うことで、FXのトレードで利益を上げることができるようになります。

テクニカル分析には、大変多くの指標が存在し、今までに様々な人たちが、オシレーターを開発していて、私が知らないオシレーターもたくさんありますし、それらオシレーターは、人によって、勝てるオシレーターと勝てないオシレーターなどもあるようです。

オシレーターは用途別に使う

そして、オシレーターには、為替レートが素直に上昇や下降をしていくときに最適なオシレーターや、レートが上昇したり下降したりを繰り返しているときに有効になるオシレーターなどもありますので、用途によって使い分けることが必要になります。

あと、テクニカル分析で大事なことに、過去のチャートを分析する必要性があります。

現在の為替レートの値動きは、過去の為替レートの値動きと似たような動きをすることが多くあり、FXの売買は、今も昔も同じ人間が行っていることなので、同じことは繰り返されると言われていて、過去のチャートを分析していくことで、現在のレートの動きも予想していくことは可能になります。

過去に似たような動きをしたチャートのパターンがないかを調べていき、現在のレートの動きで、似たようなチャートパターンになったときに、エントリーをするといった方法がありますし、テクニカル分析では、こういったチャート分析が、FXのトレードの勝敗を分ける大きな要因となりますので、FX初心者の方は、テクニカル分析を勉強していく必要があります。

FXではもみ合い(レンジ相場)ではトレードしない

-FX

執筆者:

関連記事

FXの取引回数を制限していく

FXの取引回数を制限していくことで、少しづつ勝てるようになっていきます。 何故、FXでは、取引回数を減らすと勝てるようになるのかは、この後に説明しますが、FXのトレードにおいて、取引回数はかなり重要な …

為替のブルームバーグとは?

為替のブルームバーグとは、情報端末の名前が有名な会社で、通常、Bloombergのアプリケーションがパソコンにインストールされていて、そのアプリケーションで色々なことができます。 ブルームバーグの知名 …

TOPIX(トピックス・東証株価指数)とは?

TOPIX(トピックス・東証株価指数)は、よく聞くことがあると思います。 TOPIXとは、東京証券取引所の1部上場の全ての銘柄の時価総額が、基準日と言われる、1968年の時価総額を100として、これを …

下値遊びと三羽烏のチャートパターン

下値遊びと三羽烏を紹介します。 「下値遊び」は、上放れタスキと上値遊びの記事で紹介した、上値遊びの逆バージョンで、下降相場において、長い陰線が出現し、その後に、小さな陰線や陽腺が数個出てきますが(もみ …

為替相場の為替レートについて

為替レートが高いレベルで一定期間横ばいの時は、株式や不動産価格の底である可能性が高いようです。 株価指数が最高値に比べ20%以上下落した場合、株価大勢の下落、為替レート大勢上昇期になる可能性が非常に高 …