雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

トール様受容体はRNAウイルスの感染を認識する受容体

投稿日:2018年8月13日 更新日:

トール様受容体を欠損したマウスの実験で、トール様受容体がRNAウイルスの感染を認識する受容体であるということが、徐々に明らかになってきました。

また、RIG-Iと呼ばれる分子が発見されました。トール様受容体以外にウイルス感染を認識する分子です。

そのほかの炎症性サイトカインの産生も下がることも明らかとなってきていま。TLR3を欠損したマウスでは、二本鎖RNAに応答したインターフェロンの産生が下がりました。

TLR9は、DNAウイルス由来の非メチル化DNAを認識し、ヒトのTLRSはRNAウイルス由来の一本鎖RNAを認識します。

TLR8、TLR9は、TLR3、TLR7以外にのウイルス感染を感知するトール様受容体です。

インフルエンザウイルスのMタンパクによるインフラマゾームの活性化を発見しました。インフルエンザウイルスのまったく新しい感染の認識機構として、衝撃を与えています。

RIG-Iをたくさん発現した細胞は

感染初期の個体をウイルス感染から守っています。自然免疫にはウイルス感染を様々な形で監視するシステムが存在していますが、この役割はかなり大きいです。

RIG-Iをたくさん発現した細胞は、ウイルス感染の信号の伝達に重要な働きをしていると考えられています。複数のウイルスに対して抵抗性を示すことが確認されているようです。

RIG-Iの発現を抑えるとウイルス感染によるインターフェロンの発現が抑制されます。いくつもの認識機構が多重に働いてウイルスの感染を見逃さない仕組みを作っています。

自然免疫を活性化する感染を認識するメカ二ズムとして、インフルエンザウイルス感染に関連した、インフラマゾームを介した感染の認識、トール様受容体と細胞質に存在するRIG-Iといった分子など。

インフラマゾームの活性化が、ウイルス特異的IgA抗体の産生に必須の働きであることが明らかになりました。炎症性サイトカインの活性化とウイルス特異的T細胞応答もです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

病院の受付嬢が対応に苦労した来院者たち

最近の大病院の薬局や受付は、オープンカウンターが一般的である。内と外はちょうど銀行のカウンターのようになっていて、全体が見通せる。しかし、ここの病院の脳神経科の窓口はワケあって昔ながらのスタイルのまま …

no image

自己愛型対象選択と依存型対象選択とは?

フロイトは恋愛や結婚の相手の選び方について、自己愛型対象選択と依存型対象選択のふたつのタイプがあるとした。 美少年を求めるのは、自己愛型といえる。若い子を求めるのは、いまや男性だけではない。小さい頃か …

no image

タトゥー除去のイセアクリニックの口コミや評判

東京イセアクリニックは、東京都内に5院を展開する人気美容外科。中でも刺青除去の治療を行っているのが、渋谷院、新宿院、銀座院の3ヶ所です。 東京イセアクリニックは、タトゥー除去において高度な技術があると …

no image

A型インフルエンザウイルスが人に感染影響を及ぼす理由

A型インフルエンザウイルスは、他のB型インフルエンザウイルス、C型インフルエンザウイルスと比べて、違う特性があります。 A型は世界的な流行を起こす原因となる要因を持ちます。NAタンパクとHAタンパクと …

no image

医師が患者さんを診察するときに困ること

医師が患者さんを診察するときに困ることがよくあるようです。診察の中でも、胸の診察で困るのがスリップやボディスーツなど、上下がつながっている代物のようです。 腹部の診察でときに感じることは、胃が上腹部で …