雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの逆指値注文で損切り

投稿日:2019年9月25日 更新日:

逆指値注文は、主に損切りをする際に使用する注文方法になります。

逆指値注文は、ロングの逆指値注文であれば、現在の価格よりも、低い価格のときに、現在の価格よりも、高い価格の逆指値注文を出し(例えば、ドル/円で現在のレートが80.45のときに、80.50でロングの逆指値注文)、逆にショートの逆指値注文であれば、現在の価格よりも、高い価格のときに、現在の価格よりも、低い価格の逆指値注文を出します(例えば、ドル/円で現在のレートが80.55のときに、80.50でショートの逆指値注文)。

逆指値注文は指値注文と逆の注文方法で、指値注文は、買いや売りをする際の注文方法で、逆指値注文は、損切りをする際に使う注文方法になります。

自動的に損切り

例えばもし、ドル/円で成行注文や指値注文でレートが80.50の時にロング注文した時に、逆指値注文で80.30で逆指値注文を出しておけば、もし、予想に反してレートが下がっていって、80.30までレートが下がったら、自動的に80.30で決済をしてくれますし、逆に、ドル/円で成行注文や指値注文でレートが80.50の時にショート注文した時に、逆指値注文で80.70で逆指値注文を出しておけば、もし、予想に反してレートが上がっていって、80.70までレートが上がったら、自動的に80.70で決済をしてくれます。

すなわち、逆指値は、損切りを自動的に行ってくれる注文方法になるわけです。

FXで売買をする際に、人によっては、損切りをなかなか実行できない方もおられると思いますが、そういった方は、ロングやショート注文をしたあとに、逆指値注文を出しておけば、もし予想に反してレートが逆方向に動いても、自動的に損切りをしてくれますので、損切りがどうしてもできない方には、逆指値注文はおすすめの注文方法になります。

FXでよく使われるポジションとは?

-FX

執筆者:

関連記事

no image

原油価格の急落で、エネルギー業種が売りを見せて下落

8日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、原油価格の急落で、エネルギー業種が売りを見せているに沿って下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週末 …

ローソク足の組み合わせで色々なことが分かる

ローソク足は、FX市場の色々なことが分かる指標です。 ローソク足が作られる際には、始値という、時間の区切られた始めの価格で始まり、終値という時間の区切られた値で終わります。 そしてその途中で、価格の一 …

no image

6月の基準金利引き上げを触発させるほどにはならない

米国の5月の雇用指標は好調を見せたが、6月の基準金利引き上げを触発させるほどにはならないウォールストリート·ジャーナル(WSJ)のジョン·ヒルセンス専門記者が5日(米国時間)と診断した。この日、米労働 …

三手放れ寄せ線と捨て子線(上げ)のチャートパターン

三手放れ寄せ線と捨て子線(上げ)を紹介します。 「三手放れ寄せ線」は、上昇相場において、上昇方向に窓があいた後、陽腺が連続で3本出現し、次に十字線が出てきた状態を言います。 上昇相場において、上昇方向 …

FXでは王道の手法は未だに健在

王道の手法は未だに健在で、多くのトレーダーが意識しています。 世界中のトレーダーが、昔から意識しているポイントがありますが、それは、レジスタンスラインであったり、サポートラインであったり、00ポイント …