雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの逆指値注文で損切り

投稿日:2019年9月25日 更新日:

逆指値注文は、主に損切りをする際に使用する注文方法になります。

逆指値注文は、ロングの逆指値注文であれば、現在の価格よりも、低い価格のときに、現在の価格よりも、高い価格の逆指値注文を出し(例えば、ドル/円で現在のレートが80.45のときに、80.50でロングの逆指値注文)、逆にショートの逆指値注文であれば、現在の価格よりも、高い価格のときに、現在の価格よりも、低い価格の逆指値注文を出します(例えば、ドル/円で現在のレートが80.55のときに、80.50でショートの逆指値注文)。

逆指値注文は指値注文と逆の注文方法で、指値注文は、買いや売りをする際の注文方法で、逆指値注文は、損切りをする際に使う注文方法になります。

自動的に損切り

例えばもし、ドル/円で成行注文や指値注文でレートが80.50の時にロング注文した時に、逆指値注文で80.30で逆指値注文を出しておけば、もし、予想に反してレートが下がっていって、80.30までレートが下がったら、自動的に80.30で決済をしてくれますし、逆に、ドル/円で成行注文や指値注文でレートが80.50の時にショート注文した時に、逆指値注文で80.70で逆指値注文を出しておけば、もし、予想に反してレートが上がっていって、80.70までレートが上がったら、自動的に80.70で決済をしてくれます。

すなわち、逆指値は、損切りを自動的に行ってくれる注文方法になるわけです。

FXで売買をする際に、人によっては、損切りをなかなか実行できない方もおられると思いますが、そういった方は、ロングやショート注文をしたあとに、逆指値注文を出しておけば、もし予想に反してレートが逆方向に動いても、自動的に損切りをしてくれますので、損切りがどうしてもできない方には、逆指値注文はおすすめの注文方法になります。

FXでよく使われるポジションとは?

-FX

執筆者:

関連記事

証券会社を選ぶ基準は?

証券会社を選ぶ際に、どういった基準で決めたらいいのでしょうか。 昔の株投資と言えば、店頭に直接行って注文するか、電話で注文するかしか、注文する方法がなかったのもあり、誰でも手軽に株取引を行える環境では …

FXはボリンジャーバンドで勝てる

ボリンジャーバンドは、統計学を元に作られた指標で、FXの世界では、移動平均線と並ぶ、とても有名な分析指標です。 ボリンジャーバンドは、1σ,2σ,3σと‐1σ,‐2σ,‐3σの6本の偏差の線と、真ん中 …

no image

LG電子が28日(米国時間)、新型スマートフォン「LG G4」を公開

LG電子が28日(米国時間)、新型スマートフォン「LG G4」を公開した。イベントは、この日、米国、英国、フランスをはじめと韓国とトルコなどの国別24時間リレー方式で進行された。 G4の特徴は、▶アッ …

トレンドは転換の明確なシグナルが出るまで継続する

トレンドは転換の明確なシグナルが出るまで継続する、というダウ理論の原則があります。 トレンドを形成していく要因は、テクニカルな部分と、ファンダメンタルな部分がありますが、テクニカルな部分で言いますと、 …

no image

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念に連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しが弱まっに伴い、円とユーロに下落した。連合インフォマックス(6411)による13日の午後遅く、ニューヨーク …