雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルエンザとRNA二本鎖

投稿日:2018年8月13日 更新日:

私たちの体の中では、常に外部からの病原体の侵入を見張っています。常に外部からの病原体の侵入を見張っていないと、大変なことになってしまいます。

病原体の成分を検出するシステムが存在しているのですが、もしもこのシステムが存在していないと、恐ろしいことになってしまいます。

私たちの体は遺伝子をDNAとしてもっていますが、RNAの二本鎖は存在しません。DNAを鋳型としてRNAを作るために、DNAとRNAからなる二本鎖は体内に存在しています。

RNAウイルスは、長い二本鎖RNAをもっています。その理由は、増殖の過程でRNAを鋳型としてRNAを作るためです。RNAは、ヒトの自然免疫のレセプターであるトール様受容体7に結合します。

信号によってインターロイキン-6、インターフェロンやIL-12といったサイトカインが誘導されます。インフルエンザウイルスの第一の侵入の目印は、ウイルスの遺伝子であるRNAです。

自然免疫応答を増強

獲得免疫を増強することにつながる、自然免疫応答を増強することを行います。キラーT細胞や特異抗体を産生するB細胞が作られるように促します。

マクロファージなどの細胞によって産生されるサイトカインは、抗原特異的に感染防御免疫に関与。ウイルス感染の初期に働きます。

増殖する過程で二本鎖のRNAを作るのは、遺伝子にRNAをもつインフルエンザウイルスです。

体内に二本鎖RNAが存在すると、トール様受容体3が存在します。トール様受容体3は、外部から病原微生物が侵入したと認識するものです。

トール様受容体は、獲得免疫への架け橋の力ギとなる分子です。人において、自然免疫の担い手であることが示されてきました。

TLR3の信号はNF-kBを介して、獲得免疫を導くために必要な共刺激分子の発現を促進します。T細胞の活性化に必要なサイトカインであるIL-1、IL-6、IL-8の発生を促します。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

サディズムとマゾヒズムの特徴と行動

仲間同士でワイワイ飲みながら、お前、絶対Mだよな!お前はSだよな!などといった会話を交わすことがある。SとMは、大雑把な性格判断として使われていることが多い。 ふだんはいい人と見られている誠実な男性が …

no image

医療システムなどの内容を大学病院が公開しない訳

医療はブラックボックスであり、医療経済学、病院管理学、臨床医学、基礎医学などなどそれぞれの専門家はたくさんいるが、医療全般を知る人間はいないのが現状ではないだろうかという。 医療を受ける側が、自分の病 …

no image

不安定な愛着 アンビバレント型と回避型

恋人への愛着が安定したものになれば、別々の場所にいても安心していられる。愛着は安定した愛着と不安定な愛着に分けられる。 つき合い始めたばかりの頃は、相手がどこで何をしているのかつねに知っていたいという …

no image

看護師の制服は昔は薄く透けやすかったので

病院の話がテレビドラマ化されると、そのたびに人から美ましがられることがあるようだ。病院では、医者は看護師とすぐに恋愛関係になっていいねというのである。 昔は看護師の下着といえば白の無地に決まっていた。 …

no image

光温浴器を用いた治療の効果

あまり知られていないかもしれませんが、光で治療ができる、光線治療器という治療器があります。 痛みを感じさせる物質と関係があるようですが、殺菌、温熱、そして細胞の活性化ができます。痛みが短時間で取れてし …