雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルエンザに感染の場合の自然免疫応答

投稿日:2018年8月13日 更新日:

私たちがインフルエンザに感染してしまった場合の自然免疫応答は、ウイルスが体内侵入したことを感知することから始まります。

第一段階がウイルスの侵入を感知することにあります。私たちの体は、必死にウイルスの進入を阻止しようと働いてくれます。

体がウイルスの増殖を抑えようと、感染した粘膜ではインターフェロンが分泌されて働きます。

自然免疫とは、私たちの体がインフルエンザやそのほかの病原体にさらされる前に働く免疫のことです。一般の外来微生物に対して働く免疫で、特定の病原体に対する反応ではなく、最初に働く免疫反応です。

自然免疫応答が、獲得免疫誘導のためのかけ橋となっています。誘導には密接な関係があります。

病原体に感染した後に誘導される免疫であり、病原体に対して働きます。病原体に対する抗体や感染した細胞障害性のT細胞は獲得免疫と呼ばれています。

インフルエンザ感染時の初期に認識する細胞としては、樹状細胞、ナチュラルキラー細胞、マクロファージ、粘膜の上皮細胞、ガンマデルタT細胞などがあげられます。

ウイルスの侵入を体が感知すると

ウイルスの侵入を体が感知すると、ウイルスの増殖を抑える物質のインターフェロンが、感染した局所でウイルスの増殖を抑えます。

NK細胞は、増殖してIFN-γを産生します。ガンマデルタT細胞は感染細胞に反応し、インターフェロンーガンマを産生することにより抗ウイルス作用を発揮します。

ウイルスの感染にともない、感染細胞および周囲の細胞の抗ウイルス状態が作られます。一本鎖RNA、二本鎖RNAが作られます。

感染組織では、IFN-σ、βの産生が増加します。速効性に対応できる自然免疫が働き得る感染を認識するシステムです。

IFN-γとは、感染細胞の認識を助ける役割を担っているタンパク質です。

人間の体の中では、こうやってウイルスの進行を阻止したりして働いてくれています。働きをよくするため、暴飲暴食、不規則な生活を止め、規則正しい生活を心がけましょう。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

形成外科の転職を成功させたいなら利用するべきサービス

形成外科の求人数は、全体的に少ない傾向にあります。求人誌などを見てもあまり形成外科の募集を行っているのを見かけることがありません。形成外科自体があまりありませんから、求人が少ないのは当然とも言えますが …

no image

お医者様選びのヒント-色々なケースに見る質の高さや低さ

データ的には6カ月くらいだとしても、あくまでもそれは平均値。「厳しいですね」は、患者の命が長くないことを、家族に知らせる場合に使う言葉。このコトバの後に、あと3力月くらいですというように具体的な期間を …

no image

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載ると正式な研究結果の報告とみなされます。さらに、2~3人の教授の口頭試問を受けるのです。この試験官がど …

no image

看護婦と医者の関係-外科はほかの科と違ってかなり密接

ベテランの看護婦に嫌われたら、医者としての生命は終わりだ。そっぽを向かれたら、医者なんて羽をもがれた鳥と同じで何もできない。医者と看護婦は仲よくやっていかなければダメで、そのことは医学部の学生だった頃 …

no image

医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない」などという人も少なくない。これが、日本の医者が患者さんなどとのコミュニケーションがうまくいかなかっ …