雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの口座の開設後の維持費などが無料

投稿日:2014年4月3日 更新日:

FXの証券口座を開設したら、開設後の維持費などが無料でずっと使えます。

私などは、たくさんのFX証券口座を持っておりますが、それら複数の証券口座の全てが、口座開設費用や、口座維持費など無料で、もう何年も複数のFXの証券口座を持っておりますが、口座維持費などのお金を一切支払ったことなどはありません。

現在、FXを取り扱う証券会社で、手数料を取る会社はありますが、口座維持費を取る証券会社はほぼないですが、まれに、口座開設後にFXの取引を何ヶ月かしなかった場合に、不活動口座管理料などという料金を取られてしまう証券会社も中にはあります。

全ての証券会社が、口座維持費が無料というわけではありませんので、証券口座を開設する前に、口座維持費がかかるか、かからないかを事前に調べておいたほうがよいですし、GFT系と呼ばれる、アメリカの証券会社などで、口座維持費を取られることがあります。

キャンペーン狙いで注意すること

FX業者に口座を開設すると、現金などがもらえるキャンペーンなどがありますが、こういったキャンペーン目的で、複数の証券会社の口座を開設する方もいらっしゃると思いますが、GFT系と呼ばれる、アメリカの証券会社の口座を開設すると、キャンペーン目的だけで口座を開設したのに、お金を取られてしまうことになりますので、キャンペーン狙いの方は、気をつけたほうがよいでしょう。

ただ、GFT系の証券会社に口座を開設して、何ヶ月かFX取引をしないとお金を取られますが、休眠口座の手続きをすれば(口座に最低1円以上入金しておく必要があります)、無期限で口座を休眠できますので、GFT系口座で口座を使わなくなった場合には、休眠口座の手続きをすればよいでしょう。

実際に口座を開設してみる

また、実際にFXの証券会社で口座を開設する場合には、開設後の維持費などが無料という部分も大事ですが、実取引を行うために自分の大事なお金を証券口座に入金し、FXのトレードを行うのですから、できるだけ証券会社選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

今は、どの証券会社でも、口座の開設後の維持費などが無料というのは当たり前となっていますし、証券会社を選ぶ際には、取引ができる通貨ペアの種類の多さや、取引を行う際に使うツールの性能などといったことをよく調べてから、口座を開設するといいと思います。

取り引きができる通貨ペアは、各証券会社のホームページに掲載されているはずですので、よく見ておき、取引ツールに関しては、口座を開設しないとどんなツールを使っているのか分からないのですが、デモ口座を開設して、そのデモ口座で取引ツールを使って、どんなツールなのか実際に見る方法もあります。

デモ口座は、証券会社が用意している、仮想のお金を使ったトレードができるシステムなのですが、デモトレード用の口座を開設して場合でも、その証券会社の取り引きツールを実際に使うことができますので、本口座を開設する前に、デモ口座でいろいろ試してみるのもいいのではないかと思います。

株とFXはどう違うのか?

-FX

執筆者:

関連記事

FXで勝つためのモチベーションを高める方法

モチベーションを高めるために私が意識していることを紹介します。 人間は誰でも、その日によってやる気が出る日と、何故かだるくて何もしたくない日が出てくるものです。 だるくて何もしたくない日でも、何とか頑 …

FXで法人口座を開設しハイレバレッジトレードを行う

FXで法人口座を開設しますと、ハイレバレッジでトレードを行うことができます。 法人口座とは、法人化している会社向けの口座で(株式会社)、法人ではない個人向けの口座ではありません。 もしも個人が法人口座 …

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

ミニ株で小額投資を始めるデメリット

ミニ株をやると、小額の資金で投資を始めることができます。 通常、株は銘柄ごとの売買単位があって、1株だけを買うことはできません。 株を買う場合、100株とか1000株単位でしか買えませんので、資金の少 …

no image

ジョージ·ソロスが米国証券市場のショットベットを大量に増やした

億万長者の投資家ジョージ·ソロス氏が米国証券市場のショットベットを大量に増やして米国の株式市場の下落の可能性を予想していることが分かった。15日(米国時間)、ビジネス·インサイダー(BI)によると、ソ …

no image

中国の不動産市場が鈍化するだろうという専門家たちの懸念

中国の不動産市場が鈍化するだろうという専門家たちの懸念にも投資家は、中国の大規模な不動産開発業者に傾いたことが分かった。ウォールストリート·ジャーナル(WSJ)は28日(米国時間)、7月初め以来、 M …