雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの安全資産運用に信託保全は必須

投稿日:2019年9月22日 更新日:

安全なFXでの資産運用には、信託保全は必須となります。

FX取引業者のリスクを考えるで、信託保全について触れておりますが、信託保全は徐々に証券会社が採用し始めている、顧客から預かった資金を会社の破綻などで失ってしまうリスクを回避できる仕組みです。

信託保全は、顧客から預かった資金を、自分の会社の口座で管理せずに、信託銀行などに預けて管理してもらう仕組みですが、FXの取引業者によって、信託保全を採用していることがすぐに分かるように、ホームページに記載している業者や、信託保全を採用していることが分からなかったり、信託保全の採用の有無を記載していない証券業者もあり、Fx取引業者のホームページを見ても分からない場合がよくあります。

そういった場合に、信託保全を採用しているか、採用していないかを、直接証券会社に問い合わせて、信託保全を採用しているか問い合わせをしたほうがよいです。

問い合わせてでも調べる

問い合わせをしたりするのはめんどくさいですが、もし、自分の預けた資金がなくなってしまったらと考えれば、わざわざ問い合わせをしてでも必ず確認しておきたい重要なことです。

あと、単に信託保全と言っても、証券会社によって違い、全額保全と一部保全と言う、同じ信託保全でも、全額を補償してくれるものと、一部の補償し貸してくれない信託保全もあります。

全額保全は、字の通り顧客から預かった資金を全額保証してくれますが、一部保全は、顧客から預かった資金の一部しか補償されませんので、もし、証券会社のホームページなどで、信託保全を採用していることが分かっても、全額保全か一部保全かをちゃんと確認して、全額保全を採用しているFX証券会社を選ぶようにしましょう。

FXで確定申告を申告漏れするとどうなるのか?

-FX

執筆者:

関連記事

no image

欧州中央銀行の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目

今週(1〜5日)、ニューヨーク外国為替市場で米ドルは4日に予定され、欧州中央銀行(ECB)の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目して上昇圧力を受けると予想される。過去29日(米国時間)、 …

no image

5新興国が時には他の国よりも脆弱性の兆候がより少ない時があると分析

「プレジャ日ファイブ(Fragile Five。5台脆弱通貨)」に分類されている国の通貨が米国の金利引き上げ時最も脆弱ないこと診断が出てきた。国際格付け会社フィッチは17日(米国時間)、「米国の金利引 …

no image

ドルは経済指標の不振でユーロに一時ユーロ= 1.10ドルの下に

ニューヨーク金価格は、ギリシャ懸念が続いたうえ、ドルがユーロに下落して小幅上昇した。29日、ニューヨーク商品取引所で8月物、金の価格は、前日よりオンスあたり1ドル(0.1%)高まった1,189.80ド …

no image

OANDA Japanの評価は?スプレッドやレバレッジ、電話番号なども

OANDA JapanはアメリカにあるOANDAの日本法人です。日本向けにFXのサービスを行っている会社です。 他のFX会社には無い、独自のサービスを展開するOANDAは、アメリカのFX会社です。 O …

no image

中央銀行が今年利上げに出てはいけないという立場を再確認

ニューヨーク株式市場でダウジョーンズ30産業平均指数とスタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数が史上最高値を突破した。連邦準備制度(Fed)の利上げ時期が遅れる可能性があるという期待が株価を …