雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXを始めるための業者とは?

投稿日:2014年3月29日 更新日:

FXを始めるためには、FXを取り扱う業者に取り引き口座を開設する必要があります。

この業者は、一般的に言うと、「証券会社」に当たりますが、FXでは、日本円で世界各国の通貨を買ったり売ったりしますが、世界各国の通貨を買ったり売ったりする場合に、外国の銀行で通貨を買ったり売ったりしますが、こういった売買は、個人ではできませんので、その売買の仲介役をしてくれる業者に、海外の通貨を売買してもらわなければ、FXの取り引きはできません。

ですので、FXをこれから始めようと思われている方は、こういった外国為替売買の仲介をしてくれる業者(証券会社)に、取り引きを仲介してもらう事になりますので、日本にたくさんある、どれかの証券会社に取引口座を開設しないといけません。

証券会社の口座に入金すれば

証券会社に、口座を開設しますと、その証券会社がFXの取り引きをできる環境を提供してくれますので(パソコンにFXの売買のできるシステムをダウンロードしたりします)、あとは、その証券会社の口座にお金を入金さえすれば、いつでもFXの売買をスタートすることができます。

FXを取り扱う証券会社に、口座を開設しますと、FXの売買システムをダウンロードできたり、FXに関する情報を、リアルタイムで手に入れることができるようになったり、今後の為替レートの動きを予想してくれる業者などもあります。

現在、日本でFXを取り扱う証券会社は、100社以上もあり、それぞれの会社によって、手数料なども変わってきますので、たくさんの証券会社から、自分に合った証券会社を選ぶことができます。

自分に合った取引業者

自分に合った取引業者を選ぶ場合、手数料やサービスの内容などをしっかりチェックして、取引業者を選ぶ必要がありますが、手数料やサービス内容以外にも、自分の投資スタイルに合った業者を選ぶ必要があります。

自分の投資スタイルとは、デイトレードの人もいれば、スイングトレードやスキャルトレーダーなど、色々なトレーダーがいますので、そういったトレードスタイルに合わせた、取引業者を選択するべきだと思います。

デイトレード、スイングトレード、スキャルトレードなどと聞いても、FXをまだよく知らない人が聞いたら、何のことかよく分からないとは思いますが、こういったことは、実際にFXの取引を始めるようになったら、分かってくることですし、自分のFXでの投資スタイルなども、実際にFXの取引を始めてみないと分かりませんので、FXを実際にやってみて、自分の投資スタイルが確立されてきた時点で、最適な証券会社を選択するといいでしょう。

自分の投資スタイルが確立されるまでは、練習のつもりで、どこか良さそうな証券会社を選んで、まずは、とりあえずFXの取引に慣れていかないといけません。

良い証券会社を自分で探す場合には、人気の証券会社のランキングを掲載しているサイトを利用したり、証券会社から資料請求をするなどして、良さそうな証券会社を探してみるといいでしょう。

FXが何故注目を集めるようになったのか?

-FX

執筆者:

関連記事

アメリカドルと円の歴史

アメリカドルと円は、長きに渡って色々なことがありました。 第二次世界大戦の頃は、固定相場制をとっていて、1ドル=360円という価格で固定されていました。 1971年までのドル円 そして、固定相場制は、 …

CMOの使い方や見方

CMO(シャンデモメンタムオシレーター)は、相場が買われすぎている状態や、売られすぎている状態がが分かる、テクニカルインジケーターになります。 CMOは、相場の反転を分析するRSIと似たインジケーター …

no image

ハイテク株中心のナスダック総合指数は4,992.38

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は一日に下落に転じと前日の上げ幅を返却した。ナスダック指数のみ一人小幅上昇した。前日ジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長が記者会見でハト派的な立場を見せ …

証券会社に株式口座を開設しましょう

証券会社に株式口座を開設しますと、取引が開始できます。 株式の口座開設は、証券会社のホームページからできます。 資料請求などで、口座を開設したい証券会社を選んだら、その証券会社のホームページに行き、ホ …

no image

SK総合化学は早ければ12月から公式の商業生産に入る予定

SK総合化学は、高付加価値の石油化学製品を前面に出してグローバル市場攻略に拍車をかけている。SK総合化学は蔚山石油化学工業団地内の位置、ネックスルレン、工場が試験稼働などの準備作業を締めくくって、早け …