雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルエンザ感染で発熱するのはなぜか

投稿日:2018年8月13日 更新日:

インフルエンザの代表的な症状に発熱があります。ウイルスの感染時に生体を守るために発熱します。ウイルスが、体温を上げようと働いているわけではありません。

インフルエンザウイルスに感染するとなぜ熱が出るのかというと、外敵が増えるのを抑える一種の生体防衛反応として熱が出るのです。

かぜと異なり、高温の発熱が続くことがインフルエンザの特徴になります。インフルエンザ感染による発熱は、自らの体を守ろうとする、体がもつ生体防御反応の一種です。

インフルエンザウイルスの感染部位は鼻やのどといった上気道の粘膜です。増殖に適した温度はヒトの体温より低い温度になりますが、この部位は外気と触れるため、体温よりも低くなります。

多くのウイルスは増殖するのに適した温度があります。これは、インフルエンザウイルスに限らずです。酵素群が働きやすい温度があります。ウイルスは自身を複製するときに酵素群を使います。

ウイルスは増殖するのに適した温度がありますが、発熱によりウイルスは増殖しにくくなります。

インフルエンザ脳症の原因

インフルエンザ感染で、免疫細胞が異物を抗原と認識し、撃退しようと反応するのですが、これが、子どもで問題となるインフルエンザ脳症の原因となってしまうケースがあります。

インフルエンザ脳症では、この免疫応答が過剰に起こります。脳の神経細胞にインフルエンザウイルスが感染するイメージを持たれている方が多いと思いますが、そうではありません。

感染はあくまで呼吸器に起こり、その後の生体反応として引き起こされます。免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質サイトカインが過剰に産生されてしまい、脳の血管内皮細胞に障害を起こてしまいます。

サイトカインは、細胞間の情報伝達をするものです。免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質性因子で、生体防御において重要な役割を担っています。

脳の内側液体成分が増えて脳の体積が増大する、脳浮腫を起こしたりしてしまいますし、血液中のタンパク成分が脳内に漏れ出たりもします。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

咽頭がんの原因や手術 術後声は出せるの?

肺がん以上にタバコが深く関係しているがんにのどのがんがあることは、意外と知られていない。進行がんや再発がんでは、のど仏の骨に囲まれた喉頭を切除しなければならない。 タバコが肺がんの原因となることはよく …

no image

実際には医師と看護師の恋愛というのはあまりないらしい

病院もののドラマって多いですよね。必ず登場するのが医者とナースの恋愛。ドラマでは、実際の病院よりも、ドクターとナースははるかに少ない人数しか登場しません。そのなかでカップルができてしまい、ハッピーエン …

no image

PTSDやフラッシュバックの克服

フラッシュバックは傷を負った直後にだけ起こるものではない。何か月、ひどいときは何年も、悪夢の再現が続く。PTSDの場合は、そう簡単にはいかない。忘れたくても忘れられない。 何年も経ってから不意に起こり …

no image

サービス業としての病院-来てよかったと思えるものにする

サービス業としての病院についてですが、ある患者さんが病院を訪れ、去るときにはああ、この病院に来てよかった、病院で検査を受けて安心したなどと気持ちよく病院を去らなければ、病院のサービス業としての機能に問 …

no image

看護師の白衣は薄くて寒い-変な目で見ないようにしましょう

ハワイの病院では、白衣を着ているナースはいないようです。全員が私服で、ポロシャッとショートパンツやスラックス、運動会に参加するお母さんのような格好だといいます。このほうが健康的な印象です。 考えように …