雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

FXの為替レートとは?

投稿日:2014年3月17日 更新日:

FXの為替レートとは、一体何でしょうか?

FXで取り引きをする際には、2国間の通貨を取り引きして、その差額で売買を行いますが、為替レートとは、2国間の通貨を売買する価格の事を指します。

この為替レートは、常に刻々と変化していて、その変化していく為替レートの差違によって、FXに参加する投資家達は、収益を上げたり、また、為替レートの差違によって、損益を出したりします。

FXに参加する投資家達は、この為替レートの動向を常にチェックして、できるだけ儲けが出るように、うまく取り引きをしていますが、為替レートは、簡単に予想できるものではなく、突発的な要因により、突然為替レートが大きく変動したりして、多くの損益を出してしまったり、また、大きな変動によって、大きな収益を得たりします。

ドルが基軸通貨

また、為替レートを決定する場合に、FXの基軸通貨である、アメリカのドルを基準にして、為替レートの計算がされていて、アメリカのドルが基軸通貨と言われている理由はこのためですが、アメリカのドルをベースにして計算をする事を、クロスレートと呼び、クロスレートの計算方式では、ドルを介さない場合の為替レート(例えば、日本円とユーロなど)の場合でも、必ず、基軸通貨であるアメリカのドルを介して計算がされます。

よく、ニュース等で「1ドル=100円10銭」などといった表現がされているものが、為替レートであり、日本で円安、円高などと言われているものも、為替レートのことで、レートの変化を受けて、アメリカのドルよりも、円が高いか円が安いかといったことをニュースで報道したりしていることがそれにあたります。

為替レートは常に動いている

この為替レートは常に動いていて、大きな証券会社が次々と破綻していったとか、戦争が起こったなどといった、世界経済に影響するような大きく出来事がある場合には、数日でレートが大きく動くこともあります。

2007年~2008年にかけて起こった、世界金融危機(サブプライムローン)では、為替レートが大幅に下落して、多くの投資家が、破産してしまったり、大きな資金を失いました。

こういった、為替レートが大幅に下落するようなことは、数年に1度は起こっていて、投資家を悩ます種になっていたり、逆に大幅な為替レートの下落に乗って、大儲けをする投資家などもいました(FXでは、為替レートが下落しても、売り注文を出すことで利益を出すことができます)。

また、為替レートが大きく動くと、その後もしばらく為替レートは大きく動き続けますので、失敗して大きな損を出してしまうこともよくあります。

ただ、いつも為替レートが大きく動いているわけではなく、大きなニュースなどがなければ、平均的にそれほど為替レートが大きく動いている日よりも、あまり大きく動かない日のほうが多いのではないかと思います。

FX初心者の方であれば、あまり為替レートが大きく動いている時よりも、それほど大きく動いていない時を狙って取引をしたほうが、安全に取引できるかもしれません。

FXの為替市場はどこにあるのでしょう?

-FX

執筆者:

関連記事

no image

米国の労働市場の状況指数(LMCI)が夏の鈍化を外れ改善

去る9月、米国の労働市場の状況指数(LMCI)が、夏の鈍化を外れ改善される様子を示した。6日、連邦準備制度(Fed)は、9月LMCIが2.5ポイント上昇したと発表した。8月には2.0ポイント上昇した。 …

no image

週間の原油在庫が441万バレルや減の4億5千530万バレル

ニューヨーク原油価格は、米国の週間原油在庫が予想を上回る減少を示したが、世界中の供給過剰優位性の懸念を相殺するのは難しい分析が浮き彫りにされて下落した。5日、ニューヨーク·マーカンタイル取引所で9月物 …

FXの練行足は分かりやすい非時系列チャート

練行足はエントリーサインが分かりやすい、非時系列チャートと呼ばれるテクニカル分析指標になります。 練り足とも呼ばれる練行足は、自分で値幅を決めて、その決めた値幅を越えた時に、新しい練り足を追加していく …

no image

Fedが基準金利の引き上げを示唆すると債券金利が急騰する可能性

アメリカ連邦準備制度(Fed)が基準金利の引き上げを示唆すると債券金利が急騰する可能性がある金融専門誌バロンズが26日(米国時間)と診断した。バロン ​​ズは、去る7月ゴスイクリュル債券の売りが分かっ …

銘柄の倒産や業績悪化を察知する

株では、銘柄の倒産や業績悪化を察知できなければいけません。 単純に考えれば、企業が倒産や業績悪化してしまう原因は、お金がなくなってしまって、会社運営が厳しくなるからです。 会社の資金が少なくなってくる …