ストレスによる薄毛はどんどん深刻化してきている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスは、社会に出て働いている方だけではなくし、専業主婦や学生であっても、同じように感じるものです。近年、女性が社会進出をどんどんとしてきていますが、まだまだ男性中心の社会の中で、女性が男性の中で働こうと思うと、時に強いストレスを感じてしまうこともあるのではないかと思います。男性には計り知れないようなストレスもきっとあるでしょうし、また、子育てをしながら働いているような女性であれば、日々強いストレスを感じることは多いはずです。

また、育児のストレスはかなりのもので、精神的なプレッシャーは相当大きいようですし、核家族化により、育児の悩みを聞いてもらえる相手もいないまま、一人で悩みを抱えたまま、強いストレスで、押しつぶされそうになる女性も多いと聞きます。

こういったように、女性を取り巻く環境は、ストレスで溢れ返っていますが、長い期間ストレスを溜めたまま生活をしていると、体の至ることところに、変化が現れるようになってきます。

心の不調は体だけではなく髪にも影響する

人間は、体と心が表裏一体の関係があると言われていて、心の不調は、そのまま体の不調へとつながってしまいます。ストレスによる体の不調で多いのが、頭痛やめまい、肩こりなどの症状です。

また、心の不調は体だけではなく、髪にも影響すると言われていて、過度のストレスにより、自律神経が反応して、頭皮の血管が収縮してしまうこともあり、頭皮の血管が収縮すると、血液を効果的に運ぶことができなくなり、髪に必要な栄養素も運ばれにくくなってしまいます。

すると、髪の栄養が不足して、新しく生えてくる髪が、健康な状態で生えてこなくなり、か細い髪の毛が生えてきて、すぐに抜けやすくなってしまいます。また、ストレスにより、ホルモンバランスがおかしくなることもあり、ホルモンの分泌異常が引き起こされてしまうと、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。自律神経やホルモンの分泌異常による薄毛や脱毛が、かなり増えてきていると言われてきていますので、それだけストレスの多い社会になってきているということを表しているのだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加