市販のシャンプーの危険性-界面活性剤は洗浄力が強すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常、市販されているシャンプーは、健全な頭皮や髪の環境の方を前提に作られているので、髪や頭皮が気になり始めた人に対しては、決して有効的ではなく、髪に優しくない場合もよくあります。一般的な市販のシャンプーは、髪や頭皮の汚れをしっかり落とすことを目的に作られていることが多く、人によっては、髪や頭皮の油分が落ちすぎて、頭皮や髪のコンディションを悪くしてしまうこともあるのです。

一般的なシャンプーの場合、乱暴な言い方をすれば、そのほとんどが、水と化学合成された界面活性剤、人工香料で作られています。界面活性剤は、台所洗剤や家庭用洗剤に使われているものですので、その洗浄力は高く、そんな強力な洗浄力のシャンプーを使えば、当然髪や頭皮の油分は、かなりなくなってしまうでしょう。

髪や頭皮は、弱酸性の皮脂膜で覆われていますが、シャンプーの強力な洗浄により、この皮脂膜は洗い流されてしまい、髪のキューティクルなどの、簡単に剥がされてしまいます。

界面活性剤の質を知っておく必要がある

ですから、シャンプーを選ぶ際には、界面活性剤の質を知っておく必要があります。同じ界面活性剤であっても、石油から合成された界面活性剤は強力ですが、天然のヤシ油や椿油などであれば、こういった問題は解消されます。

また、洗浄力だけではなく、香りについても、注意をする必要があります。というのも、香りが強いということは、その多くが、科学的に合成されたものだということになり、科学的に合成されているということは、決して髪によいものではないという危険もはらんでいるということになるからです。

いくら自然な香りをうたっている商品であっても、科学的に合成していることがほとんどで、できることなら、無香料のシャンプーを選んだほうがいいのではないかと思います。無香料だと、髪や頭皮の匂いが気になるかもしれませんが、髪の健康を考えれば、無香料のものを選んだほうがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加