雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

明日から勉強すると決めたのにできない場合

投稿日:

最終目標は山頂であれ、初めから山頂を目標にしたのでは、気力がついていかないのだ。それよりも、最初の目標は小さいところにおくことである。富士山に登るにしても、最初は「とりあえず六合目の小屋まで登れればいいや」と思うと気持ちはラクになる。妙なプレッシャーなどないから、ムリなく六合目に到達できる。そこからまたつぎの目標を立てればいい。

大目標を立てるとうまくいかないのは、その到達レベルがあまりに高すぎるから。富士山の五合目から山頂だけをみて、「ああ、自分はこんなに登らなければならないのかと、登る前から気力が委えるのと同じである。

勉強も、大きな目標は目標として掲げたとしても、それを実践に移すときは、とりあえず小さな目標を設定する。あい「とりあえず中学生レベルの理科を、もう一回理解しよう」とか、「フランス語の挨拶をマスターしよう」といった目標を立てれば、少なくとも意欲がくじかれることもない。

明日から勉強しようと決心するが

ビジネスマンにしろ受験生にしろ、「明日から勉強しよう」と決心するや、いきなり、4時間も5時間も勉強の計画を立てる人がいる。無理な計画だから当然長続きざせつしない。それどころか、一日目で挫折したという話もよく聞く。

受験生の場合も同じで、最初から「この問題集を一冊マスターしよう」といった目標は立てないほうがいい。「まずは、このページをクリアしよう」と考えたほうが、気持ちはラクになり、結果的には一冊をより早くマスターできるものだ。

自分の裁量で計画を立てられる受験生ならまだしも、仕事で忙しいビジネスマンの場合、受験生なみにやろうとしても、できるものではない。受験生のように毎日4時間などと長時間の勉強計画を立てても、現実と折り合いがつかない。まずは、勉強の習慣を身につけるところから始めるのが正解である。そのためには、勉強は毎日10分だけやる、と決めることである。毎日というのがミソで、「今日はできないが、明日1時間やればいい」とはけっして考えないことが肝要だ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビなどの勉強に集中できない要因をなくす

記憶に刷り込むには、対象に注意を向ける必要がある。同じことが、すべての学習についていえる。対象に注意を集中しなければ、勉強したことにはならない。このために、余計な刺激をワーキング・メモリに入れないよう …

no image

学力は一般に家庭の文化的基盤と先行体験の積として量化できます

目に見えない学力のとぼしい子は、就学時からすでに著しい遅れを呈しています。家庭でのとほしい会話、テレビづけでお話聞かずの幼時のくらし、充実した遊びの経験も少なく、しつけもぬかっていたという子どもは、一 …

no image

学校の英語教育と丸暗記法はかなり違う

丸暗記法は、学校の英語教育の方法とは、かなり違う。学校の授業を思い出してみよう。それは、つぎのようになされたはずだ。疑問形は、be動詞の場合にはVSCの順になることなどを習う。応用は、bookをpen …

no image

成績向上の秘訣

勉強を一年もつづけると、どの子もめざましく成績が向上します。たまの休日、ピクニックや、科学館・博物館や、史跡めぐり・社寺探訪などに、子どもたちを連れて行ってやるのなど、豊かな先行体験に浴させることにも …

no image

文章を書く場合に何よりも先にすべきことは全体の分量を把握すること

ある雑誌で連載エッセイを始めたとき、非常に書きにくいと感じたことがある、と語るある先生。原因は、字数にあった。そのエッセイの分量は、約四千字で、ちょうど第二レベルと第三レベルの中間だった。ところが、そ …