雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

徹夜の勉強は効率悪いのでやめたほうがいい

投稿日:

徹夜がいかに効率の悪いものかは、経験者ならおわかりのはずである。深夜3時、4時になると、頭がボンヤリとしてきて、ふと意識があらぬ方向にいっていたりする。必死になって目を開けているのだが、ただ活字を目で追っているだけという状態。夜間の作業について研究したあるデータによると、朝4時から6時の作業能率はゼロに近いものだという。つまり、こんな徹夜仕事はまったく無意味である。

世の中には、徹夜で仕事をしたり、勉強したりすることを自慢するビジネスマンや受験生がいるものだ。たしかにその頑張りは認めなければならないだろうが、それが実力と結びついているかどうかは大いに疑問。じつは、徹夜での勉強はそれほど効率のいいものではなく、自己満足でしかないことが多いのだ。

徹夜するよりも、いったん睡眠をとり、翌朝に勉強したほうがずっと効率的である。少しでも睡眠をとることで、頭はかなりスッキリしたものになる。そのスッキリした頭で朝に%分も勉強をすれば、徹夜の最後である深夜4時から6時にかけての2時間分の勉強くらいは簡単にカバーできる。そう考えれば、いくら追い込まれている受験生だって、答えは一つだろう。

いくらか睡眠をとった頭なら、その日もあれこれと考えることができる。納期が明日に迫った仕事ならいざしらず、こと勉強に関しては、徹夜することで得られるものは、自己満足でしかない。いったん2時間でもいいから睡眠をとって勉強したほうが、結果的により多くのものを吸収できるのだ。また、徹夜した頭では、翌日、物事を思うように考えることができず、これまた時間のムダである。

大目標を立てるとうまくいかない

「よし、量子力学について理解してやる」とか、「フランス語会話をマスターしてやる」と大目標を立てたはいいが、なかなかエンジンがかからない。大目標をぶらさげたまま、あえなく沈没、ということもよくある話。

経営者の中には、よく「21世紀の日本をみすえて」とか「100年の大計で物事を考える」といったことをいう人がいる。経営者たるもの、たしかに近視眼的な見方ではつとまらないものだが、勉強の目標を立てるときは、こうした経営者の真似はしないほうがいい。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビばかり見ている人は読書しない人が多い

フランスの親たちは、子どもにあまりテレビを見せない理由として、目や体によくない、知的な発達をそこなうという以外に、家庭学習の時間がなくなるということを大きな理由にしています。こどもは夜八時までに、必ず …

no image

長子が学力が高いという特徴

外界からのいろんな刺激は、子どもの知的好奇心の発現を促し、思考を活発にさせます。長子の場合は、各地各所へ連れて行ってもらう過程で、「あれなに?」「どうして、そうなの」と、ところかまわず質問を親に浴びせ …

no image

記憶力と睡眠の関係

記憶にかける時間を多くすればするほど、覚える量も多くなると思ってのことだろうが、なかなか思惑どおりにはいかない。長時間にわたってたくさんのことを記憶しょうとすると、頭の中には、覚えなければならない事項 …

no image

前倒し式の勉強でどんどんと前に進む

勉強を高速化する方法の一つに「前倒し法」があります。前倒し法とは、これからやろうと計画している勉強を、今のうちにやってしまう勉強法です。この勉強法を成功させるためには、二つのことがポイントになります。 …

no image

子供の学力と読書の関係

小学生でも、高学年になりますと、特定の分野では、大人が顔負けするほどよく知っている子がいるものです。総合的にみても、中学校二年程度の知識は楽にこなしている子は、四人内外の学級に、一人や二人はいるもので …