雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

朝に新聞を読む時間を勉強に当てよう

投稿日:

多くの人の朝の日課といえば、新聞を読むことだ。毎朝、新聞に30分、なかには1時間以上かける人もいるようだが、これは、こと勉強のためと点ではよい朝の過ごし方とはいえない。朝は、人間がもっとも頭の深えている時間帯である。そんな貴重な時間を新聞に費やすというのは、じつにもったいない話。

あと、アルコールは、かえって脳を興奮させてしまい、質のいい睡眠を妨害することがある。薬供な一日を送るためには、目覚め方は大切だ。起床時間は毎日同じにして、目が覚めたら、朝の光を浴びて、すぐに行動に移る。光を浴びると、大脳は一日の始まりを察知して、すぐに活動を始めてくれる。

あるテーマを勉強してる人は、朝の大事な時間はその勉強に回したほうがよほどいい。夜の勉強で理解きないことでも、朝、よく眠りスッキリしたあとの頭で考えてみたら、わかるとうことだってある。

新聞というのは、少しくらいボーッした頭でも読めるようにできている。それに、新聞を読む機会は、出社までにいくらでもあるし、見出しをざっとみるだけでも、だいたいのことはわかる。朝いちばんの貴重な時間を新聞を熟読するためにつかう必要はどこにもない。

朝のうちは絶対に新聞を読まなかった

有名な社会学者のマックス・ウェーバーも、朝のうちは絶対に新聞を読まなかったという。ほかにすべき勉強が山ほどあったウェーバーにすれば、朝の貴重な時間を新聞に回すわけにはいかなかったのだろう。

勉強の時間がない人は人間には朝に強いタイプと夜に強いタイプがいるが、これは勉強でも同じだろう。勉強をするにも、朝型と夜型の二つのタイプがいる。

朝、新聞がどんなに読みたくても、これを我慢し、勉強にあてたほうがはるかにあなたのためである。勉強によって社会や人間についての考察が深まれば、そのときには、もっと大局的に新聞が読めるようになる。そうなれば、朝いちばんで新聞を読む必要がないことがいよいよわかってくるはずだ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

本に落書きをしてイメージで記憶する

本を読んでいて、このページは使えるというところがあれば、ページの片すみに、どんなものでもいいですから、落書きする。たとえばある項の記述が気に入ったら、そのページの余白に自分の好きな異性の顔の落書きをし …

no image

子供がたくましく育った影にあった親の存在

店の仕事がすっかり終わるのが九時でしたから、それからが楽しみでした。本を読んでやると、またあくる日もせがみます。そのうちに、書いてあることを、子どもはすっかり覚えてしまいました。そして、子どもは、自分 …

no image

傘下の各中学校からトップレべルの子どもをよりぬいています

公立の著名な進学高校は、傘下の各中学校から、トップレべルの子どもをよりぬいています。そんな高校でも、国立大学に合格する生徒は三分の一を下回ります。そのつぎのランクの高校となると、学年で一位以内、クラス …

no image

速読のコツは音読をしないこと

英語の場合、母国語であっても、速読のために特別の訓練をする必要がある。しかし、日本語ではキーワードが漢字(場合によってはカタカナ)で書いてあるので、それを追って読むことで、おおよその意味がわかる。特別 …

no image

責任のある家事を分担させられる子供は切りかえがすぐできる子

毎日、責任のある家事を分担させられている子は、スイッチの切りかえがすぐできる子になっていきます。手早く、きちんと家事をすませてから、また自分のやりたいことをやろうとします。しせん、集中力も備わってきま …