雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

6時間30分睡眠ですっきり目覚めることができる

投稿日:

最近、明らかになってきた睡眠のメカニズムを知れば、「6時間半睡眠」で十分だ。人間の眠りには、眠りの深いノンレム睡眠と、眠りの浅いレム睡眠の2種類があり、これが1セットになって繰り返される。起きている間にフル回転していた大脳を休ませるためには、この周期の睡眠を4セットとればいい。

勉強と仕事を両立させようと思えば、どうしても睡眠時間を削らなければならないと思っている人が多い。たしかに理想的といわれる「時間睡眠」を確保しようと思っても、大方の人が睡眠時間を削らざるをえなくなる。しかし、じつは「8時間睡眠」というのは、あまり根拠がない。

勉強した直後に布団に入っても、脳が興奮していて寝っきが悪くなることもある。そんなときは、ぬるめの風呂に入ったり、香り(アロマテラピー)や静かな音楽でリラックスするといい。また、ナイトキャップ(寝酒)は控えめに。

さらに、大切なのは目覚めるタイミングで、1セットが終わったあと(レム睡眠のあと)に目が覚めると頭がすっきりする。寝つくまでの時間が30分、そして90分周期の睡眠を4セットとるとすると、睡眠時間は全部で390分。つまり、布団に入るとき、6時間半後に目覚ましが鳴るようセットしておけば、すっきり目覚めることができるというわけである。

ガムを噛みながら勉強する

あと、睡眠意外で、顎を動かすという意味で、ガムを噛みながら勉強するのはけっして悪いにではない。学校ではダメでも、一人で勉強するときは、ガムを噛むのに誰にも遠慮する必要はないはずである。受験生であれビジネスマンであれ、やる気を起こそうと思ったら、食事はよく噛んだほうがいいし、またよく噛まなければならないメニューにすることも大切だろう。

三度の食事でもできるだけ顎を動かせば、それだけでやる気が引き起こされてくる。さらによく噛んで食べれば、消化もよく、勉強の途中で眠気にも襲われにくいというメリットもある。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

読む技術は対象がルールに従っていることを前提としている

「読む技術」は、対象がルールに従っていることを前提としている。「最初に問題提起が、最後に結論が書いてあるはずだ」「一つの細胞内に相反する内容は含まれていないはずだ」「本論の構造は、正しく配列されている …

no image

テレビばかり見ている人は読書しない人が多い

フランスの親たちは、子どもにあまりテレビを見せない理由として、目や体によくない、知的な発達をそこなうという以外に、家庭学習の時間がなくなるということを大きな理由にしています。こどもは夜八時までに、必ず …

no image

教科書を全部読み込みしていくほうが勉強に興味がわく

目標地がわかっていると、人間は疲れない。学習の場合も同じだ。教科書を最後までやってしまうと、学ぶべき全対象を把握できる。行軍の目的地を知り、そこまでの地図を手にしたのと同じことになる。 いま勉強れてお …

no image

テレビ中毒の子供に勉強させようとしても決して本気になってくれない

テレビ中毒の子に、いくら勉強させようとしても、決して本気になってくれません。日に二時間見ている子は、軽い中毒であり、四時間見ている子は、重症のテレビ病患者です。家族全部がテレビ病にかかっておれば、気づ …

no image

疲れたときこそダラダラと休むべからず

心身ともに疲れ果てているときは、消極的な休憩、もやむをえない。しかし、そうでないときは、休日には釣りにでかけたり、子どもと散歩をするといった積極的な休養、のほうが、疲れがとれる。これは、勉強も同じだ。 …