雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

勉強は雑音があっても集中できるならどこでもできる

投稿日:

あなたが勉強できる場所は勉強部屋以外にもたくさんある。誰かの話し声がしていても、ほかに物音があると、気になるはずの話し声が雑音に混じってしまう。人込みの中では、他人の話し声はただの雑音、になり、耳に入らないのだ。ただの雑音、が気にならないのは、それが自分には無関係のものと思ってしまえるからだ。

あまりにも静かなところだと集中できないことがあるのには理由がある。シーンと静まった環境では、わずかの音でも刺激になる。ふだんなら気にもかけないちょっとした物音でも、妙に気になってしまう。小さな話し声でも聞こえようものなら、い聞き耳を立ててしまい、集中が途切れてしまうのだ。こんな人は、雑音がある場所のほうが集中しやすいもの。

通勤電車はもちろん、公園のベンチや深夜のファミリーレストランや喫茶店など。少なくとも「そんなうるさいところでは勉強できない」というのは、勝手な思い込みであることが多い。雑音があっても、それが気にならないのなら、そこは集中できるかっこうの場所なのである。

人間、自分に関係のあると思える音には、それがたとえ小さな音でも敏感になるが、関係ないものなら、多少騒がしくとも気にならない。いや、かえって集中できることも多い。こう考えてくれば、あなたが勉強できる場所は勉強部屋以外にもたくさんあることがおわかりのはずだ。

脳にいい刺激を与えてくれる

「噛む」という行為は脳にいい刺激を与えてくれる。顎を動かし噛む働きをする噛む筋肉は、脳の近くにある。この筋肉を強く動かすと脳に強い刺激が送られる。つまり、この刺激によって、ぼんやりとしていた脳も活性化され、やる気も起きてくる。

やる気を高める方法受験生の夜食の定番というと、カップラーメンやサンドイッチ、おにぎりといっ
たところだろう。たしかにサッと手軽に食べることができて便利かもしれないが、これでは勉強の「やる気」はでないかもしれない。なぜなら、カップラーメンやサンドイッチといった食品は、あまり噛まないでもいいから。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

数量認識の未発達の子どもには数をおりこんだ会話をする

算数のできない子といわれている子は、主として家庭などでの会話や、経験の中で、数量を意識させられるような生活の非常に少なかった子です。 「もう八時三分になりましたよ。早く寝なさい」「お年玉を貯金してきた …

no image

成功をイメージしたらいまの勉強のつらさも軽くなる

勉強に集中できない、勉強がはかどらないというときは、勉強をマスターしたあと、どんな楽しいことが待っているかをイメージしてみるといい。たとえば、インターネット上で勉強の成果を発表したら、大きな反響が返っ …

no image

テレビ中毒の子供に勉強させようとしても決して本気になってくれない

テレビ中毒の子に、いくら勉強させようとしても、決して本気になってくれません。日に二時間見ている子は、軽い中毒であり、四時間見ている子は、重症のテレビ病患者です。家族全部がテレビ病にかかっておれば、気づ …

no image

受験勉強で国語は大切

受験勉強で国語は大切。漢字を覚えるよりも、読解力と表現力を習得する。興昧ある対象で速読の練習速読の練習も必要だ。速く読む技術を習得するには、多くのものを読むしかない。興味のある本や好きな本を、手当たり …

no image

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法

専門的なトレーニングなしで速読力をつける方法は、次の通りです。 ・小説は短編集を利用する 短編集は一冊に五~六編ぐらいの作品が載っています。各編は約四ページぐらいです。仮に四ページだとすると、その数字 …