雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

勉強に対するやる気を出す方法

投稿日:

どうしても勉強に対するやる気が起きないときもあるだろう。勉強のやる気を起こしたかったら、まずはその勉強を「好き」になるのがいちばんである。「やる気」と「好き嫌い」がいかに密接に関係しているかは、科学的にも明らかになっている。人間の「やる気」を左右しているのは、脳の扁桃核といわれる部分だが、この扁桃核は、じつは好き嫌いの感情もコントロールしている。やる気と好きいは脳の中で密接に結びついているのだ。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるが、たしかにそのとおりだろう。どんなジャンルであれ、好きになれば、やる気がでてくる。ふだんでは考えられないほどの集中力も発揮され、上達もする。このことは、勉強にもそっくりあてはまることはいうまでもない。

よく考えてみると、やる気のもとというのは、好き嫌いの感情や欲望であることが多い。嫌いなジャンルをいかに無理に勉強しようと、そこからなかなかやる気は起こってこない。では、どうすれば、これからやろうとしている勉強を「好き」になれるのか。

無理やりにでも自分の興味をかきたてる

無理やりにでも自分の興味をかきたてることで、その勉強を「好き」にしてしまう方法もある。嫌いな科目も勉強しなければならない受験生の場合も、好きな科目が一つくらいあるだろうし、苦手科目の中にも好きなジャンルがあるだろう。そこから手をつけていけば、やる気が起きて、もっと広い範囲をクリアできるようになるものだ。

ビジネスマンが関心のあるジャンルを勉強しようとする場合、そのジャンルが「嫌い」なはずはないから問題はないはずである。しかし、やむをえず資格をとるための勉強を始めようという場合は、資格をとることだけを目的にすると、その勉強が「好き」になれないことが多い。こんなときは、自分の問題意識や知的好奇心を高めて、その資格をとることがいかに自分の知的興味を満足させてくれるものか、ということを徹底的に考えてみるといいだろう。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

暗記したら寝るとよい

年をとると、物忘れが激しくなるといわれる。しかし、間隔を徐々にのばしつつ、繰り返して覚える。総動員すれば、十分にカバーすることができるだろう。 ある本は、つぎのように助言している。まず、最初の復習を十 …

no image

見える学力を伸ばすには

見える学力を伸ばすには、それを支えている目に見えない学力を、うんとゆたかに太らせなければならない。貧弱な土壌では、果樹の実も、ちっぼけなままでしかありません。小学校で習う勉強の多くは、子どもの生活空間 …

no image

教育制度が自ら進んで改革すべき面は多い

今後、二十代後半から三十代を対象とした「卒業後教育」のための機関を作る必要性が増すだろう。多くの大学が、このような試みに着手しようとしている。ゆくゆくは、いつになっても「やり直し」ができるような体制を …

no image

小学生の子供に視写をさせましょう

子供に視写をやらせましょう。教科書の文章を見て、原稿用紙に丸写しさせるのです。視写は、目に映じた活字を、一々転写しなければならない。初期は、まるで首振り人形のように、一字ごとに、あるいは一語ごとに見て …

no image

英語塾の類が乱立しているのは

ある新聞に、英語の教官が「初めてアメリカに行って空港におりた途端に、自分の英語が全く役に立たないことを知って標然とした」と書いていた。標然とするのはこちらである。大学の英語教官の英語が役に立たないのだ …