雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

勉強に対するやる気を出す方法

投稿日:

どうしても勉強に対するやる気が起きないときもあるだろう。勉強のやる気を起こしたかったら、まずはその勉強を「好き」になるのがいちばんである。「やる気」と「好き嫌い」がいかに密接に関係しているかは、科学的にも明らかになっている。人間の「やる気」を左右しているのは、脳の扁桃核といわれる部分だが、この扁桃核は、じつは好き嫌いの感情もコントロールしている。やる気と好きいは脳の中で密接に結びついているのだ。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるが、たしかにそのとおりだろう。どんなジャンルであれ、好きになれば、やる気がでてくる。ふだんでは考えられないほどの集中力も発揮され、上達もする。このことは、勉強にもそっくりあてはまることはいうまでもない。

よく考えてみると、やる気のもとというのは、好き嫌いの感情や欲望であることが多い。嫌いなジャンルをいかに無理に勉強しようと、そこからなかなかやる気は起こってこない。では、どうすれば、これからやろうとしている勉強を「好き」になれるのか。

無理やりにでも自分の興味をかきたてる

無理やりにでも自分の興味をかきたてることで、その勉強を「好き」にしてしまう方法もある。嫌いな科目も勉強しなければならない受験生の場合も、好きな科目が一つくらいあるだろうし、苦手科目の中にも好きなジャンルがあるだろう。そこから手をつけていけば、やる気が起きて、もっと広い範囲をクリアできるようになるものだ。

ビジネスマンが関心のあるジャンルを勉強しようとする場合、そのジャンルが「嫌い」なはずはないから問題はないはずである。しかし、やむをえず資格をとるための勉強を始めようという場合は、資格をとることだけを目的にすると、その勉強が「好き」になれないことが多い。こんなときは、自分の問題意識や知的好奇心を高めて、その資格をとることがいかに自分の知的興味を満足させてくれるものか、ということを徹底的に考えてみるといいだろう。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

仲間と話すことで大脳の古い皮質の疲労を治せる

三人以上で遊ぶということは、その集団にいろんな葛藤が発生し、対立や抗争が起こるということを意味しています。そのことがいい。集団本能とこころの安定さまざまな知識や、人間らしい情緒といったものは、大脳の新 …

no image

生涯学習時代と社会教育

日本の社会では、実際に必要なことは社会に出てから学ぶことが多い。その意味で、もともと「生涯学習」の社会であった。ただ、これまでの企業内教育は、その企業に特有の知識を教える面が強かった。今後は、企業の外 …

no image

文章全体の概要を掴む

最初には問題提起が、そして最後に結論が書いてある(はずだ)。だから、まずこの二箇所を読めば、全体の概要を掴むことができる。その分量は、多くとも全体のおよそ二割である。途中は、結論を導くための論証と、読 …

no image

本論の構成は分量によりまた論ずる内容によりかなり異なる

本論の構成は、分量により、また論ずる内容により、かなり異なる。論文の目的が従来の見解の批判であるため、対立点を明らかにしている。論文の中心部分である。財政拡大の経済効果としては、為替レートへの影響以外 …

no image

学習などの記憶のメカニズム

記憶のメカニズムについて、つぎのようなことがわかっている。すべての刺激は、ワーキング・メモリ(短期記憶)に入る。しかし、何もしなければ、しばらくすると失われてしまう。非常に強い刺激や記憶のために特別に …