雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

笑いを勉強の休憩にはさむと効果が高い

投稿日:

笑いというのは、疲れた頭を活性化してくれる。これについては、たんなる気分転換というだけではなく、生理学的にも根拠がある。笑うことによって、顔の筋肉がいろいろと動くたの筋肉の動きによる刺激が脳に伝わり、脳は活性化する。

勉強の休憩には自分で好きなことをすればいいのだが、たとえば落語のテープを聞くという方法はいかがだろう。落語の一つも聞いて、大笑いすれば、ふたたび勉強にとりかかりやすくなるのだ。ゲラゲラ笑っていて勉強などできるかという人もいそうだが、それは笑いの効用を過少評価しているからだろう。

さらには笑うことで頸動脈がふくれるため、脳への血流がよくなる効果もある。勉強の休憩に笑うことは頭のリフレッシュになり、集中力がよみがえってくるのである。もちろん笑うことが目的だから、落語でなくても、コメディマンガを読んだり、ジョークを集めたような本を読むのもいい。

音楽を聴きながらの勉強

集中力が落ちてきたとき、音楽を流してみると、集中力がよみがえり、意外なくらい勉強がはかどったりもする。音楽が頭の活性化にいいのは、生理学の面からもいわれている。音楽が人間の中枢神経に入り、大脳の中でもとくに右脳を刺激する。こうして脳全体に活力が与えられるため、頭の働きがよくなるというわけである。

音楽を聴きながらの勉強というと、年配の人は苦い顔をする。「そんなながら勉強では集中して勉強できるはずがない」という考えなのだが、これは一概に悪いとはいえない。軽くBGMを流したほうが、集中して勉強できることもあるからだ。

そんな音楽の効能を知っているから、会社でも社員の能率を上げるために音楽を流しているところがある。あるいは、プロスポーツの選手が練習に集中するとき、BGMを流したりもするのだ。ただ、音楽を軽く流すといっても、音楽の選択には気をつけたい。基本的に自分の気に入っている音楽なら、クラシックでもジャズでも環境音楽でもかまわない。まずいのは、気分を暗くするような音楽だ。これでは、気分が重苦しくなり、勉強はなかなかはかどらない。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

アメリカ英語に慣れるとイギリス英語は聞き取りにくくなる

相手が英語を理解しなくても、英語でしゃべればよい。場合によっては、日本語でしゃべってもよいのである。数字だけ書いて示せばよい。しかし、レンタカーでドライブする場合に限っては、それとはレベルの違う会話能 …

no image

歴史の勉強を面白くする方法

歴史の勉強を面白くする一つの方法は、革命などの主要な事件を中心として、さまざまな世界史的事件を多角的に関連付けてみることであろう。フランス革命を例にとると、それに先だってイギリスの産業革命、アメリカ独 …

no image

全文を暗記する場合、興味のあるものを幅広く対象にするとよい

経験では、全文丸暗記の対象として、学校の教科書は誠につまらないものであった、と語るある先生。いまでは、教科書の内容は忘れてしまった。試験が終わってからも繰り返し口ずさむ内容ではなかったからである。いま …

no image

テレビの暴力シーンなどの子供に与える影響

来日する教養ある外国人は、「どうして親たちはデモを起こして、子どもには不向きな番組を追放しないのだ。こんな番組をフランスで放映すれば、即座にデモが組織されて、テレビ会社の社長は一晩でクビだのに。いった …

no image

勉強のやる気と気分転換

いつも見慣れた風景の中での散歩なら、格別新しい情報は入らないので、脳は勉強の阻鴨をしている。歩くことは、勉強の最良の友。新しいインプットが入ると、ワーキング・メモリはそれによって占拠されてしまい、勉強 …