雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

疲れたときこそダラダラと休むべからず

投稿日:

心身ともに疲れ果てているときは、消極的な休憩、もやむをえない。しかし、そうでないときは、休日には釣りにでかけたり、子どもと散歩をするといった積極的な休養、のほうが、疲れがとれる。これは、勉強も同じだ。勉強に疲れたとき、ただ椅子に腰かけて休んでいるのでは、あまり休憩の効果がない。これでは、一日中ゴロ寝して、体を重くしているのと変わらない。

毎日の仕事でクタクタになると、日曜日くらい家で一日中寝ていたいもの。しかし、こうして望みどおり一日ゴロ寝をしたはいいのだが、翌日、月曜日になっても体は重く、やる気がでない。誰でもこんな経験があるはずだが、これは、ゴロ寝がいい休養になっていないからである。

休憩をつぎのやる気につなげていくには、積極的な休憩のほうがいい。たとえば音楽を聴くのもいいし、あるいは風呂に入ってスッキリするのもいい。軽くラジオ体操をするのもいいだろうし、部屋の中をただ歩き回るだけでもかまわない。

勉強を中断し休憩に入る

最初はあまり勉強に集中できなくても、やっているうちにしだいに気分がのってくる。こののっているとき、チャンスとばかりエンジンを全開にするのは当然。区切りがつくまでは全速で勉強するのがセオリーだろうが、じつはここで勉強を中断し休憩に入るという手もある。

一区切りつくまで集中してから休憩する場合、問題なのはつぎに勉強にとりかかるときだ。初めから新しいテーマに挑戦することになるわけだから、そこに戸惑いもある。最初から集中力全開とはならず、少しずつ勉強の世界に入っていくことになる。

せっかくのってきたところで勉強を中断するのは、もったいないと思われるかもしれないが、勉強を再開するときのことを考えると、途中でわざといったん打ち切り、休憩するのも効果的なのだ。のってきたところで一区切りつく前に中断する場合はどうだろう。休憩後、再開するときにまず目にするのは、のっていた部分だから、すぐに頭はフル回転してくれる。最初からのった状態で勉強できるため、勉強が思いのほか早く進むというわけである。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

凡人と天才の違いとは?

コンピューターじたいの性能アップもさることながら、インターネットが急速に発達しました。脳も、インターネットと同じく、無数のネットワーク(連絡網)で結ばれ、外からの刺激(情報)によって情報伝達がなされ、 …

no image

記憶したことを絵にして覚える

重要なのは、勉強をしていて「わかった」と思った瞬間である。そのまま素通りせずに、「わかった」ことを、へタでもいいから実際に絵や図にしてみるといい。簡単な絵にすることで、「わかった」内容をより深く把握で …

no image

テレビに釘付けになってたら学力として定着はしません

一週間、何も復習しないでおれば、ほとんど忘れてしまいます。覚えていても、うろ覚えになっています。その日、学校で習ってきたことは、寝るまでに必ず再生的に復習しなければ、たしかな学力として身についたものと …

no image

砂糖と子供の骨折の関係

今日の欧米諸国の子どもの虫歯の保有率なみです。それがいまでは、虫歯持ちの子は九五%を越え、 世界一になってしまいました。ある先生の担任している学級で、一六本も虫歯のある女の子がいました。かわいい顔の子 …

no image

共通属性法は覚えるべき対象から共通する属性を抜き関連付けを行なう方法

「共通属性法」は、覚えるべき対象から共通する属性を抜きだし、それによって関連付けを行なう方法である。例えば、「三菱」=スリー・ダイヤモンドから「ダイヤ」を、メガネから「ガラス」を、そして石井から「石」 …