雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

締め切りを作ると勉強がはかどる

投稿日:

人間、締め切りがないと、ついダラけてしまいがちだが、会社の仕事でも取引先の納期があるときは、納期を守るために必死になって働く。無理と思われるような納期でも、これに間に合わせようと思ったら、自分でも信じられないほどの集中力を発揮する。

机に向かってみたものの、まったくやる気が起きず、自分でもダラダラとしていて効率が上がらないと思えることがある。こんなときは、自分で締め切り、をつくるのも、一つの方法である。その結果、無理に思えた納期もクリアできる。ベストセラー作家といわれる人でも、じつは締め切りがあるから、みごとな作品を書けるとよくいわれる。

もちろん、自分でコツコツする勉強には、仕事のように納期があったり、作家のように締め切りがあるわけではないが、自分で締め切りを設定することによって、それに似た状況をつくることはできる。締め切りがないことには、よほどの作家でないかぎり本気になれない。締め切りがあるからこそ、これに間に合わせるべく集中力が発揮でき、結果としてすぐれたものを書き上げることができるというわけである。

リラックスした姿勢

寝ころぶ、机の上に足を投げ出す、リクライニングチェアで楽な姿勢を取るなど、リラックスした姿勢というのは、すぐに肩がこったり、疲れたりはしないため、じつは集中力が持続しやすい。

勉強というと、机に向かってするものだと決めつけている人が少なくない。子どもが寝ころがって本を読んでいると、つい注意してしまう親も多いが、じつは寝ころんで勉強するのも、またいいものなのだ。

逆に、無理に机の前にへばりついていると、消耗が早くなる。ただでさえ、ビジネスマンは日中、オフィスのデスクでパソコンに向き合っている。かなりくたびれているところに、さらに自宅でも机の前に無理に座ったのでは、腰は痛い、肩がいといったことになる。

ただ、寝そべって本ばかり読んでパソコンにまとめることもできない。メモもとりにくいし、考えをまとめられない。寝そべりながらメモなどをとっていたのでは、疲れ目の原因にもなるし、それこそ腰を痛めるもとだ。そのあたりは臨機応に。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

あれこれ心配するより、まず勉強しよう

実際に起こってしまった問題やトラブルは、いかんともしがたい。しかし、将来の不確実なことをただ心配したり、細かいことをくよくよ考えるのは、やめにしよう。「入試に落ちたらどうしよう」と心配するより、勉強そ …

no image

高学年では算数の時間が週一時間減っています

よくわからぬ子は、置いてけぼりとなります。立ち止まってゆっくり教えてやるいとまはなくなります。いま、「ゆとりの時間」なるものは、上のユートーリやらされる時間に多くはなっています。子どものために早急に取 …

no image

学力は一般に家庭の文化的基盤と先行体験の積として量化できます

目に見えない学力のとぼしい子は、就学時からすでに著しい遅れを呈しています。家庭でのとほしい会話、テレビづけでお話聞かずの幼時のくらし、充実した遊びの経験も少なく、しつけもぬかっていたという子どもは、一 …

no image

熟語や構文について教科書にないようなものはまず出題されない

入試で必要な単語は五千語程度といわれている。教科書をすべて覚えていれば、これらをカバーできる。熟語や構文についても、教科書にないようなものは、まず出題されない。もちろん、教科書にない単語や熟語が出るこ …

no image

脳内麻薬を出すと勉強がはかどる

勉強は、通常では苦痛をともなう行為です。しかし、そこに「楽しさ」を加えれば、勉強は、やめられない快楽になります。では、どうしたら勉強に「楽しさ」を加えることができるのでしょう。 小さな達成感をたくさん …