雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

締め切りを作ると勉強がはかどる

投稿日:

人間、締め切りがないと、ついダラけてしまいがちだが、会社の仕事でも取引先の納期があるときは、納期を守るために必死になって働く。無理と思われるような納期でも、これに間に合わせようと思ったら、自分でも信じられないほどの集中力を発揮する。

机に向かってみたものの、まったくやる気が起きず、自分でもダラダラとしていて効率が上がらないと思えることがある。こんなときは、自分で締め切り、をつくるのも、一つの方法である。その結果、無理に思えた納期もクリアできる。ベストセラー作家といわれる人でも、じつは締め切りがあるから、みごとな作品を書けるとよくいわれる。

もちろん、自分でコツコツする勉強には、仕事のように納期があったり、作家のように締め切りがあるわけではないが、自分で締め切りを設定することによって、それに似た状況をつくることはできる。締め切りがないことには、よほどの作家でないかぎり本気になれない。締め切りがあるからこそ、これに間に合わせるべく集中力が発揮でき、結果としてすぐれたものを書き上げることができるというわけである。

リラックスした姿勢

寝ころぶ、机の上に足を投げ出す、リクライニングチェアで楽な姿勢を取るなど、リラックスした姿勢というのは、すぐに肩がこったり、疲れたりはしないため、じつは集中力が持続しやすい。

勉強というと、机に向かってするものだと決めつけている人が少なくない。子どもが寝ころがって本を読んでいると、つい注意してしまう親も多いが、じつは寝ころんで勉強するのも、またいいものなのだ。

逆に、無理に机の前にへばりついていると、消耗が早くなる。ただでさえ、ビジネスマンは日中、オフィスのデスクでパソコンに向き合っている。かなりくたびれているところに、さらに自宅でも机の前に無理に座ったのでは、腰は痛い、肩がいといったことになる。

ただ、寝そべって本ばかり読んでパソコンにまとめることもできない。メモもとりにくいし、考えをまとめられない。寝そべりながらメモなどをとっていたのでは、疲れ目の原因にもなるし、それこそ腰を痛めるもとだ。そのあたりは臨機応に。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビに釘付けになってたら学力として定着はしません

一週間、何も復習しないでおれば、ほとんど忘れてしまいます。覚えていても、うろ覚えになっています。その日、学校で習ってきたことは、寝るまでに必ず再生的に復習しなければ、たしかな学力として身についたものと …

no image

自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになると

子供が勉強をやる気なったら、「ぼく、漢字が弱いから、毎日二字ずつやるよ」とか、「計算が苦が手だから、うんとやる」など、自分でやるべき課題を見つけてとりかかるようになります。「何をやったらいいかな」と、 …

no image

入学試験の目的は相対評価である

入学試験の目的は、相対評価である。つまり、受験生の間に差をっけることだ。あるに達しているかどうかを判別する絶対評価ではない。このため、つぎのようなことになる。まず、全員ができる問題では、選別ができない …

no image

教育制度が自ら進んで改革すべき面は多い

今後、二十代後半から三十代を対象とした「卒業後教育」のための機関を作る必要性が増すだろう。多くの大学が、このような試みに着手しようとしている。ゆくゆくは、いつになっても「やり直し」ができるような体制を …

no image

脳細胞の死滅と再生

脳細胞は、筋肉同様、再生するのでしょうか。答えはイエスです。たとえば脳卒中などの脳疾患で無意識状態になっている人に対しても、理学療法士は体を動かすリハビリを始めます。体に刺激を与えることで、まだ生き残 …