雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

記憶力と睡眠の関係

投稿日:

記憶にかける時間を多くすればするほど、覚える量も多くなると思ってのことだろうが、なかなか思惑どおりにはいかない。長時間にわたってたくさんのことを記憶しょうとすると、頭の中には、覚えなければならない事項だけではなく、外部からほかの情報も入ってくる。そのなかには、集中力がなくなることによって生まれてくる連想、も含まれる。

「寝る子は育つ」というが、これは勉強でもいえる話。「よく寝る人は、記憶上手」といえるからだ。何かを覚えようとするとき、睡眠時間を削ってまで頑張ろうとする人がいる。外部の情報によって、本来覚えなければならない情報がかく乱され、記憶として定着しにくくなる。

アメリカ・ハーバード大学の精神医学者による実験で、知識を大脳に刻み込むには、6時間以上の睡眠が必要であることが明らかになっている。睡眠時間を惜しんで暗記に励むのは、けっして賢いやり方ではない。

記憶を定着させるには、外部から余計な情報が入ってこないことが大切だが、そのためには眠る、のがいちばんである。寝ている時間というのは、外部からの情報が入ってこない分だけ、記憶の定着に貢献しているのである。記憶したら一度眠る。そして、朝、軽く記憶を復習すれば、より記憶は完璧になるものだ。

覚えたことはどんどんしゃべる

覚えたことは、自分の頭の中にとどめておかないで、どんどんしゃべったほうが記憶されるのである。記憶術のもっとも簡単な方法は、自分が覚えたことを人にしゃべってみること。他人にわかるように話すには、自分自身がしっかり理解していなければならない。さらに、相手から質問されて、それに答えていくうちに、さらに記憶が強化されることもある。

学生なら同級生、サラリーマンなら同僚などに話す。身近にしゃべる相手がいないなら、それこそインターネットをつかったり、メールで遠くの友人に報告してもいい。これだけでも記憶力のアップにはずいぶん役に立つものだ。結果としてこれが理解を深め、さらに記憶を強化するのに役立つわけだ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

夢や目標に期限を設けると集中力を高めるのに非常に効果的

仕事に「期限」はつきものです。「今月一日までに納品」と決められた日に間に合わなければ、信用をなくすばかりか、損金をとられることもあるでしよう。だから、どんなに無理でも、しゃかりきになって働く。もちろん …

no image

勉強を妨げる誘惑に負けない方法

自然と集中力も増して、目標となる範囲の勉強をより早くマスターできることも多い。さらに勉強のあとに楽しみが待っていると思えば、いまの勉強もそんなにつらいものではなくなる。むしろワクワクした気分で勉強でき …

no image

半年で英語をマスターしたある方法

ト口ヤの遺跡を発見したドイツの考古学者シュリーマンは、語学学習の天才でもあった。彼はいう。「私は異常な熱心をもって英語の学習に専念したが、このときの緊急切迫した境遇から、私はあらゆる言語の習得を容易に …

no image

時間の管理と運命の考え方

「運命は変えられるかどうか」について、みなさんはどのようにお考えでしょう。「運命は変えられる」という考え方と「運命はすでに決まっていて変えられない」という考え方があります。どちらが正しいのか、じっさい …

no image

孔明は速読の達人だった

中国は多くの英雄、天才を輩出してきましたが、その中でも諸葛孔明はもっとも優れた人物といっても過言ではないでしょう。神算奇計の作戦と綴密項妙なその策は、あらゆる豪傑、軍師を圧倒し、『三国志』を読む者の胸 …