雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

無理に思い出すよりもすぐに答えを確認しよう

投稿日:

記憶で怖いのは、記憶の中に正しい「福沢諭吉」ではなく、誤った「福沢輸吉」という名前が定着してしまうこと。苦労して思い出しただけに、その名前は自分の中でインパクトの強いものになっている。そのあと、「福沢輸吉は間違った名前」と整理し直すことができればいいが、実際には「福沢輸吉」という名前だけが、間違ったまま、記憶として残ってしまい、うっかりミスを招く。

すぐに思い出せないということは、きちんと記憶が整理されていないということである。あいまいな記憶を無理して取り出せば、でてきたものは間違った情報であることも少なくない。たとえば「福沢諭吉」という名前の漢字がなかなか思い出せなくて、やっと思い出したつもりが「福沢輸吉」だったというようなことは、よくある話なのだ。

というわけで、思い出せない事柄は、無理して思い出そうとするより、さっさと答えを確認したほうがいい。「えーっと、あれは何だったっけ」と思ったら、辞典なり資料なり、原典なりをみて確認する。このとき正解をしっかり頭に焼き付けておけば、間違った事実を覚えることはない。忘れたらまた調べればいいわけで、これを繰り返すうちに、正しい記憶が定着していくのである。

個人でホームページを開く

インターネットの世界では、個人でホームページを開く人が増えている。伝えることで、知識や情報を整理し、それらをしっかりと自分のものにすることができる。たとえば歴史にまつわるある事件を調べたとする。

このとき、ただ本で調べただけでは、一見理解したつもりでも、細かい点があいまいだったり、しばらくすると忘れてしまったりする。ところが自分のホームページで紹介するとなると、理解した内容をきちんと整理したり、わかったつもりで、じつはわからなかった点を再度調べるなど、さまざまな作業が必要になってくる。

愚にもつかない内容のものも少なくないが、なかには「こんな役立つ情報をタダで提供するなんて、もったいない」と思うような貴重な情報もある。しかし、本人にとっては、ちゃんとメリットがあるようだ。ホームページに情を提供することが、自分自身の勉強になっているという人もいる。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

数学は難しい分野なのか?

数学は他の科目に比べて難しい学科なのだろうか?問題の大部分は、数学の学習法にある。とくに、「基礎が重要。基礎から順に理解しつつ先に進め。わからなくなったら基礎に戻れ」という考えが問題だ。このために、多 …

no image

短文レベルと文章の構造

第一レベルは、百五十字程度。これを「細胞」と呼ぼう。試験の論述題では、普通、解答をこの程度の長さに制限する。通常の文章では、この程度のまとまりは、一つのパラグラフを構成する。これを「細胞」と呼んだのは …

no image

第二外国語を勉強しておくと東大の受験には有利である

その当時、翻訳がなかった、と語るある人。そこで、丸善でペンギン文庫を買ってきて、苦心惨憶して読んだ。よく理解できないところが多かった。しかし、とにかく英語の本を読んだということは、大きな自信になった。 …

no image

目標に到達するためには

数多くの成功哲学書を著しているアメリカのポール・J・マイヤー氏は、「成功とは、自分にとって価値ある目標を、段階を追って達成すること」と言っています。そこでキーとなるのが、この「動機づけ」です。「会社で …

no image

分解法は日本語から離れずそれと英語を対応させようとしている

分解法は、あくまでも日本語から離れず、それと英語を対応させようとしている。しかし、英語と日本語は別の体系である。このため、一対一対応が成立しない。まず、単語のレベルにおいて、そうである。英単語が日本語 …