雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

記憶したことを絵にして覚える

投稿日:

重要なのは、勉強をしていて「わかった」と思った瞬間である。そのまま素通りせずに、「わかった」ことを、へタでもいいから実際に絵や図にしてみるといい。簡単な絵にすることで、「わかった」内容をより深く把握できる。こうして土台をしっかりと押さえておくなら、より深い内容にもついていける。つぎのステップでしどろもどろになり、集中力を失うこともない。

しだいに何のことやらわからなくなることがある。しだいに集中力がなくなり、イスから離れることにもなるが、これは勉強しいてわかった、ことがよく整理されていないからだ。そもそもわかる、ということについては、三つの段階があるといわれる。

最初は、頭の中だけで、わかった状態である。つぎに、イメージとしてわかった状態であり、もっともわかった状態は絵や図としてわかる状態である。この状態では、全体像もしっかりと把握できているだけでなく、細かなところまでもしっかりと説明できる。わかったことを絵に描くことができるのなら、もう十分に理解している証拠といえるのだ。

集中して勉強しようと思ったら

あと、人の名前や地名など、なかなか覚えられないものがある。何度覚えても、すぐに忘れる。あるいは、どんな漢字だったかわからなくなる。こんなとき、「えーっと、たしか覚えたんだけどなあ」などといいながら、なんとかして頭の奥のほうからおぼろげな記憶を取り出そうとする人が多いが、これはやめておいたほうがいい。無理に思い出そうとすると、かえって記憶の妨げになることがあるからだ。

集中して勉強しようと思ったら、分かったことを絵や図にしてみる。すると理解不足の点も明らかとなり、これを補っていくことができる。満足な絵や図が描けるようになったときには、集中力も上がっていて、つぎのステップで集中力がれることもないはずだ。逆にいうと、絵に描けない状態は、まだ理解度が浅いということ。そのため、つまずいたり、集中力が途切れやすくなるのだ。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

テレビは抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかける

テレビづけは、書きことばの力の発達即ち概念を操作し、抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかけています。子どもの好むテレビのコマーシャルはこんなものです。「コレ、コータロー、親のいうこと、ねてきくも …

no image

顔を用いる記憶方法

ある記憶術の本では、顔を用いる記憶法をつぎのように説明していた。まず、「頭でタバコを消す」「目に塩水が入る」「ラジオに噛み付いて口のなかでラジオが鳴っている」ところをそれぞれ想像せよという。 「頭でタ …

no image

笑いを勉強の休憩にはさむと効果が高い

笑いというのは、疲れた頭を活性化してくれる。これについては、たんなる気分転換というだけではなく、生理学的にも根拠がある。笑うことによって、顔の筋肉がいろいろと動くたの筋肉の動きによる刺激が脳に伝わり、 …

no image

斜め読み速読で成績がアップ

ある中学生がある有名私立高校に入りたいと思っていました。ところが模擬試験の成績は一万番台。とてもこれでは入れません。せめて一番台にまであげないとダメだというので、その中学生はある先生のところに勉強術の …

no image

読書の喜びを子供に経験させてください

短時間ずつでも家庭の生活の中で、知的雰囲気を醸し出す時間を設けて、本に親しむひとときを過ごすことは、子どもの知的発達に資するだけでなく、家じゅうみんなの文化的水準を引き上げることになります。 子供に本 …