雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

自己評価のチェックシートを作ってみよう

投稿日:

自分のチェック表を作ってみよう。人生に野心をもつ人は、これもひとつの方法。ぜひ、試してみて。自分の将来が楽しみになっていきます。

評価は一点主義にしないで、八〇点主義にするとよい。一か月やってみて、全体的に八割できれば上等とする。そのように、チェックをややゆるめにしておけば、長く続けることができる。いつも目につくところに貼るのが望ましいが、パソコンに入力しておくのも悪くない。メールをチェックするのと同じように、自分のチェックする。

また、当初の目標が達成され、新しい課題が入ることもある。日を決めて更新する。もちろん、前月と同じ課題を続ける場合は、そのまま継続させればよい。こうして、自分で課題を決めて、自分でその課題をこなしていくととても知的で創造的生活ができるようになる。

なかなか覚えられない事柄がでてくる場合

ある人はふと「巨大な」という言葉の連想から、プロレスラーのジャイアント馬場をイメージした。馬場が、「イノーマス」といいながら、彼がよくやる「パォー」というポーズをしている姿が頭に浮かんだのだ。この光景と単語が彼の頭の中では妙にハマってしまい、その後enormousという単語をみると、「ジャイアント馬場」→「巨大な」と浮かぶようになり、二度と忘れなくなったという。

仕事や受験勉強などでは、重要な数字、キーワードなど、どうしても覚えておかなければならないことがあるもの。サッと覚えられればいいが、ときに、なかなか覚えられない事柄もでてくる。そんなときは、突拍子もないことに結びつけて覚えるという方法がある。

たとえば、ある人は、英単語のenormousという単語の意味が、どうしても覚えられなかった。「巨大な」という意味で、特別むずかしい単語ではないが、なぜか覚えられない。何度覚えても、すぐに忘れてしまう。頭の中でいったん強烈なイメージをつくってしまうと、それは記憶としても定着しやすい。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

半年で英語をマスターしたある方法

ト口ヤの遺跡を発見したドイツの考古学者シュリーマンは、語学学習の天才でもあった。彼はいう。「私は異常な熱心をもって英語の学習に専念したが、このときの緊急切迫した境遇から、私はあらゆる言語の習得を容易に …

no image

子供は大人の意のままにはなりません

子どもは機械やモーターではありません。おとなの意のままにはなりません。野球なら死に物狂いで練習する子なら、甲子園へ行くなり、プロ野球でなりわいをたてたらよい。囲碁なら食事も忘れて研究にふける子は、その …

no image

繰り返しにより、力ずくで記憶する効果

「眠い」と「水差し」は直接に結びつかない。しかし、「コーヒー」という中間項をいれると、「眠い」と「コーヒー」が、そして「コーヒー」と「水差し」が自然に結びつく。この場合、記憶の対象は増えている。しかし …

no image

テレビ中毒の子供に勉強させようとしても決して本気になってくれない

テレビ中毒の子に、いくら勉強させようとしても、決して本気になってくれません。日に二時間見ている子は、軽い中毒であり、四時間見ている子は、重症のテレビ病患者です。家族全部がテレビ病にかかっておれば、気づ …

no image

本の読み方、スピードを上げるトレーニング

よく速読トレーニングにくる学生たちに申しあげていることは、まず目次を見て全部で何章になっているかを調べてほしいということです、と語るある先生。 やり方は、一日日(A)第一章を「一分間速読」します。(B …