雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

動体視力を鍛えると年をとっても元気

投稿日:

一九九八年、アメリカで、朝食をとったグループと、とらなかったグループとに分けて、知能テストを行なう実験をしました。すると、朝食をとったグループのほうが成績がよかったといいます。「頭をよくする」ことを望んでいるのに、頭をよくするための習慣を身につけないでいることは問題があります。ぜひ、朝食はとるようにしてください。

私は、二〇代、三〇代はほとんど朝食をとらずに出かけていました。エンジンがかかるのが「アフターファイブ」。だいたい一日中ボーッとしていることが多かったように思います。慢性的な睡眠不足以上に「朝食をとらない」ことのほうが大きな原因とわかりました、と語るある人。

動体視力とは、動いているものを見きわめる視力のことです。スポーツ選手は、この動体視力のよしあしで成績が左右されます。学習面では、速読に動体視力が必要です。人は、程度の差こそあれ、みな動体視力をもっています。けれど、年をとるにつれてだんだん劣っていきます。年をとると何かと反応が鈍くなるのは、一つはそのせいです。

動体視力の優れた人は

通勤電車の中などでも簡単にできる練習法をご紹介しておきましょう。電車の窓ワク利用上下に視点を動かしたり、左右に動かしたりします。ドア付近に立つ電車の線路の枕木を追う練習をします。すれちがう人を利用すれちがう対向車内の人の顔や人数を瞬時に見きわめる訓練です。歩くこと筋肉を鍛えることは、脳の働きを活発にします。

動体視力の優れた人は、年をとっても元気なのです。となると、動体視力を鍛えておけば、脳の回復、再生ができるばかりか、脳を活性化させ、年をとるのを遅らせることが可能ということになります。

プロスキーヤーの三浦雄一郎氏は、七〇歳でエベレスト登頂を成功させました。すごいなあと感心させられますが、筋肉が弱っていたら、とてもできることではありません。筋肉を鍛える一番簡単な方法が歩くことです。しかも、サッサッサッと歩くことを実践すれば、いつまでも若々しい頭脳を持つことができます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

語呂合わせによる数字の覚え方が美しい

私たちの知っている語呂合わせは、誰が考えたのかと感動せずにはいられないほど美しくできています。しかし、そのせいか、数字をおほえる語呂合わせの時、多くの人は美しい文句を考えたがります。その結果、語呂合わ …

no image

テレビ中毒の子供に勉強させようとしても決して本気になってくれない

テレビ中毒の子に、いくら勉強させようとしても、決して本気になってくれません。日に二時間見ている子は、軽い中毒であり、四時間見ている子は、重症のテレビ病患者です。家族全部がテレビ病にかかっておれば、気づ …

no image

一度記憶したことはその2日後にもう一度点検してみる

一度記憶したことは、その2日後にもう一度点検してみることをおすすめする。2日周期というのには理由がある。人間の記憶は、時間がたつにつれておぼろげになっていくものだが、記憶した内容をより多く、よりはっき …

no image

英語の単語や熟語をこじつけで覚えようという方法は無理がある

辞書のつぎに出ている言葉と取り違えたという、ウソのような話がある。単語帳どころではない。英語の単語や熟語をこじつけで覚えようという方法を提唱している本もある。kennelを「ケン(犬)がネル(寝る)と …

no image

間違っていた解答をどう処理しているか?

成績のあがる人は、まちがった解答を=で消して、正しい解答を書き加えます。成績のあがらない人、下がる人は、まちがった解答を消しゴムで消して、そこに正しい解答を書き込むのです。消しゴムを使えば、テスト用紙 …