雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

脳細胞の死滅と再生

投稿日:

脳細胞は、筋肉同様、再生するのでしょうか。答えはイエスです。たとえば脳卒中などの脳疾患で無意識状態になっている人に対しても、理学療法士は体を動かすリハビリを始めます。体に刺激を与えることで、まだ生き残っている脳細胞に働きかけるのです。すると、無意識状態から意識が早く回復しますし、自力で車イスで移動するまでに機能が回復していきます。

一四〇億個の脳細胞が全部死ぬには三年以上かかりますから、心配はいりませんが、脳に刺激を与えなければ脳細胞の死滅は加速しますから、若いといえども油断はできません。最近は早い人だと三〇代でも痴呆が始まるといいます。

死んだ脳細胞がそのままよみがえるからではありません。生き残った脳細が、新ルート(バイパス)をつくり、旧ルートを補っていくから。となると、「頭がよくなる」習慣を自分でつくれば、脳は今よりもレベルをあげることができることになります。

一〇分後にはスッキリ目がさめる

今週の平均睡眠時間は三〜四時間です。今日などは一時間半しか寝ていません。どこで足りない部分を補っているかというと、電車の中です。五分でも座れたら、即睡眠態勢に入ります。こうして、少しでも脳を休ませておきます。その際、入眠時にちょっと自己暗示をすると、より効果が出ます。たとえば、「これから一分間眠る。一〇分後にはスッキリ目がさめる」こんな一言でいいのです。これをしないで眠ると、電車内でうっかり寝すこしてしまうことになるのです。

脳の機能を回復させるには、休息は不可欠です。いちばんの休息が、睡眠です。ただ長時間眠ればいいというものでもありませんが、やはり六〜八時間は眠りたいものです。ナポレオンは一日三時間しか眠らなかったといいますが、じっさいは昼間や仮眠で補っていたと何かで読んだことがあります。

筋肉は筋トレによって疲労し、破壊され、休養している時に育ちます。脳も同じで、二四時間一睡もせず、何日間も勉強し続けたら、破滅してしまいます。断眠実験によれば、一時間も眠らないと幻聴、幻覚が起こり、正しい判断ができなくなるといいます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

やる気ない言い訳

一人暮らしを始めた頃、私は、狭いながらも自分の城がもてて、すごくうれしい気持ちになったものです。「知的生活」にあこがれ、勉強したいと思いました。ところが、机がありません。おもしろいもので、机がないとま …

no image

学術用語には日本語ではかえってわかりにくいものがある

単語の意味は、分解してわかるときがある。例えば、preposterous(馬鹿げた)という単語は、pre(前)post(後ろ)ous(形容詞を作るための接尾辞。「が豊かにある」の意)と分解すれば、「前 …

no image

子供の学力と読書の関係

小学生でも、高学年になりますと、特定の分野では、大人が顔負けするほどよく知っている子がいるものです。総合的にみても、中学校二年程度の知識は楽にこなしている子は、四人内外の学級に、一人や二人はいるもので …

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

器用貧乏、多芸は無芸

私は今、この原稿を書きながら、同時にあと二つの原稿を書きあげなければならない状態にあります、と語るある先生。「一事専心」で、まずこの原稿を終えてから次へといきたいところですが、どれも締切が同時期で、そ …