雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

人生が良くなるための暗示

投稿日:

私は二〇代前半の頃、自律神経失調症になり、死んだ青春を送っていました、と語るある人。私は、中学一年の時の知能指数は一三六。いわば天才的脳力をもっていたのでした。ところが、落ち込んでいた当時の知能指数は九〇。平均以下まで下がっていました。人の脳は使わなければ退化します。私はまさにそのような生き方をしていたのです。

食うものはない、金はない、女はいない、あれはない、これはないの、まさにないないづくしでした。そこで、自分を救う言葉をいくつか活用したのですが、そのうちの一つが、この「あらゆる面で良くなっていく」でした。寝る前はもちろん、日常でも気づいたら、この言葉をつぶやいていました。

なぜ、そこまで落ちたのかというと、当時の私は徹底した否定的思考の持ち主だったのでした。それが、今、こうして再生し、再びこの社会という舞台に復活しました。再生の一つのきっかけとなったのが、「あらゆる面で良くなっていく」なのです。

あらゆる面で良くなっていく

筋肉の超再生理論をご存じでしょうか。筋肉はトレーニングをすると、筋細胞が疲労し、損傷を受けます。そこで二日ぐらい休息させます。すると、栄養の補給と筋組織再生によって、トレーニング前よりも筋肉は増強するのです。この時期を超再生期といいます。アスリートは、そこを狙ってトレーニングをするために、筋肉が肥大化していくというわけです。

「あらゆる面で良くなっていく」。これを今、一〇〇回っぶやく(暗示する)ことをしても、すぐ自分の脳が再生するということはありません。しかし、日々に、そういう肯定的、プラス思考的な言葉をつぶやいていると、やがて私のような人間でも再生し、社会に復活していけるのです。

筋肉には休息が必要であり、休息の間に筋肉は育っていくということです。バーベルを持つから筋肉モリモリになるのではなく、休息するから再生し、肥大する。脳も使ったら休ませることも大事です。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

脳細胞の死滅と再生

脳細胞は、筋肉同様、再生するのでしょうか。答えはイエスです。たとえば脳卒中などの脳疾患で無意識状態になっている人に対しても、理学療法士は体を動かすリハビリを始めます。体に刺激を与えることで、まだ生き残 …

no image

勉強方法の差が成果に影響するか

本来であれば、合理的な学習法を見いだすために、大脳生理学や心理学の知見が利用できるとよい。しかし、残念なことに、これらの学問は、実用的なアドバイスを与えるほどには進歩していない。「勉強方法の差が成果に …

no image

テレビなどの勉強に集中できない要因をなくす

記憶に刷り込むには、対象に注意を向ける必要がある。同じことが、すべての学習についていえる。対象に注意を集中しなければ、勉強したことにはならない。このために、余計な刺激をワーキング・メモリに入れないよう …

no image

本を読むスピードがちがっても理解度が同じならスピードを上げよう

速読で「くり返し効果」を狙うなら、三分の一のスピードで読めるようにしてください。一回だと内容があやふやですが、一回日になるとボンヤリとこんな感じの内容だとイメージができるようになります。三回日になると …

no image

子供に音読してあげることによる効果を知ろう

どこの学校でも、あまり音読は重視していないのでしょうか。それとも、子どもに教科書を読ませるような、ゆったりとした授業をするひまがないのでしょうか。いつも、段落は?要点は?主人公の心情は?主題は?といっ …