雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

マイナス思考の原因にある自己否定と他者否定と全面否定

投稿日:

マイナス思考とは、否定的思考(否定思考)のことをいいます。否定思考には三通りあります。「自己否定」と「他者否定」「全面否定」です。自己否定は、文字通り自分を否定します。

他者否定は、他人を否定することで自分の優位性をはかろうとする思考です。他者否定的な人は、何事にも文句が多く、人にケチをつけたがります。自分のことは棚にあげて人の批判をしますので、対人関係でトラブルをおこしやすいのが特徴です。

全面否定は、自分に対しても、他者や社会に対しても否定的な思考です。こういう人は、犯罪を起こしたり、自殺することすらあります。自己否定的な人は、何をやるにしても自信がなく、劣等感をもち、発展的、建設的な考え方ができないので、おとなしい性格に見えます。

こうしてみると、否定的思考はあまりよくありません。しかし、否定的思考は一〇〇パーセントだめなのでしょうか。決してそうではありません。人間が生きる上で、否定的思考は自分を守ることに役立っ場合が多々あります。

否定思考も時には必要です

否定思考も時には必要です。ですが、ものの考え方の大半が否定的であれば、自分の行動はもちろん、頭の働きも悪くなりますし、また、自分の持っている能力を発揮できなくなってしまうことが多いのです。

自分を発展させる、自分の能力を発揮させる、自分を成功に導くーそのために使うことが大切です。たとえば、「私はだめだ」という考え方にとらわれている人がいるとします。そういう人が、「私はだめではない、私はだめではない」といくら念仏を唱えても効果はありません。

「スピードを出しすぎてはいけない」と否定思考するから安全運転ができるのですし、「人に石を投げてはいけない」と否定思考をするから安心した生活が送れるわけですし、「キャンブルでは家が建たない」と否定思考するから堅実な生き方ができる。それゆえに、肯定的思考をできるだけ持つようにしたほうがよいということになるわけです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

もっとも大切なところは何かを常に意識した勉強をしましょう

勉強は、問題(赤色)問題提起をしているところはどこかをまず見つけること。解答(青色)その問題に対する解答はどこにあるのかを見つけること。理由(ピンク色)なぜ、そういう解答が出たのか、その理由はどこにあ …

no image

計画を立てる際の重要なポイントやコツ

プラス思考の強い人は、不得意な分野、理解度が不十分なものを優先して計画を立ててください。困難なことがあっても、「自分はこれを攻略できる」とか「難しいところがおもしろい」とプラスに考えられ、やる気をかき …

no image

計算の弱い子は数量感覚がほとんどついていない子

計算の弱い子は、数量感覚がほとんどついていない子です。一という数は、その小学校全体の子どもが、朝会に集まったときの人数ぐらいだということが、よくわかっていないのです。一という数なら、原稿用紙に五枚、き …

no image

徹夜の勉強は効率悪いのでやめたほうがいい

徹夜がいかに効率の悪いものかは、経験者ならおわかりのはずである。深夜3時、4時になると、頭がボンヤリとしてきて、ふと意識があらぬ方向にいっていたりする。必死になって目を開けているのだが、ただ活字を目で …

no image

速読のコツは音読をしないこと

英語の場合、母国語であっても、速読のために特別の訓練をする必要がある。しかし、日本語ではキーワードが漢字(場合によってはカタカナ)で書いてあるので、それを追って読むことで、おおよその意味がわかる。特別 …