雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

願望を実現する方法

投稿日:

「願望は必ずかなう」。これは、ほぼまちがいのない真理だと思っていますが、じつは願望は一つではないのです。願望には二種類があります。「表の願望」と「裏の願望」です。たとえば「人前で堂々としゃべりたい」という願望をもっている人がいるとしましょう。あがり症の人の場合、これが「表の願望」です。「裏の願望」はその逆です。

どうしたら、表の願望だけを実現させることができるのでしょうか。願望実現には一つの大鉄則があります。「何かを得ようとするなら、何かを捨てなければならない」という鉄則です。逆に言うなら、「何かを捨てれば何かが得られる」ということです。ということは、この場合、表の「堂々としゃべりたい」という願望を達成したいのなら、裏の願望である「笑われたくない、失敗したくない、恥をかきたくない」という恐を捨てればいいといえます。

どちらの願望が強いかで、現象の表われ方が変わります。たとえば、表の願望では「堂々としゃべりたい」と思いながら、結果的に、やはりがって堂々としゃべれなかったとしましょう。この時、この人の願望はかなわなかったように見えます。しかし、願望はこの人にもちゃんとかなっていたのです。

失敗したくない

「堂々としゃべりたい」と願望しながら、なぜあがってしまったのかというと、「失敗したくない、笑われたくない、恥をかきたくない」という裏の願望が表の願望より強かったためです。裏の願望(恐怖)が形を変えてかなってしまったのです。つまり、願望は、表であろうと裏であろうと、どちらかが必ずかなうようになっているのです。

負の思いが強いから、表の願望達成の足をひっぱって結果的にあがってしまうのです。では、どのようにして捨てればいいのでしよう。「笑われたくない」→「笑われてもいい」「失敗したくない」→「失敗してもいい」「恥をかきたくない」→「恥をかいてもいい」と、自分を守る気持ちを投げ捨てることです。そうすれば、少々あがっても怖くなくなり、逆に、みんなから笑ってもらってうれしいと思えるようになり、やがて、堂々としゃべれるようになるのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

勉強を面白くする方法

数学でわからない箇所があると、なかなか進めない。進めないと授業から遅れ、ますます嫌になる。こうした時、やりようによっては、うまく切り抜けられる。そうすれば、数学に興味を抱くようになる。 学ぶ側からいえ …

no image

小学生の子供が勉強にやる気を出すには?

子供が勉強する時、それは「親がそば近くにいてくれて、やさしくしてくれるとき」。何かが貰えるとか、褒められたとか、命令されたとかいうときより、はるかに勉強がしたくなるとのこと。もっと勉強をやれと、つい大 …

no image

大学で学ぶ最大の意義や効用

ある分野での知識を最先端にいたるまで学べるということは、大学に進学した者の特権である。幸いにしてその機会を入手できた学生諸君は、その特権を十分に行使しなければならない。それにもかかわらず、その特権を生 …

no image

知的能力、学力は生得的・遺伝的資質によって規定されない

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部では、なぜ長子が高知能・高学力になっているのかについての見解を出しています。それは長子は親に期待され、多くの時間をともに過ごし、不断に知的刺激をあたえられて成長してき …

no image

覚えにくい単語、用語を覚える

長い命題のほうが覚えやすい。記憶を容易にするいくつかのヒントが含まれている。理由をつけて覚えると、その分だけ、覚える内容は多くなる。しかし、このほうが楽で確実なのである。この方法は、「学習対象は少ない …