雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

2009年のインフルエンザH1N1の発生理由

投稿日:2018年8月13日 更新日:

インフルエンザウイルスにはいくつも種類があります。インフルエンザウイルスにはいくつも種類があり、トリ、ブタ、ウマ、クジラなどにも感染するウイルスがあります。

インフルエンザウイルスは、新たな遺伝子の組み合わせをもった子孫ウイルスが生まれることがあります。異なる遺伝子をもつインフルエンザウイルスが動物に同時に感染すると、インフルエンザウイルスで異なる種類のウイルスの間で遺伝子の取り替えが生じます。

こうした遺伝子の取り替えと世代交代は、インフルエンザウイルスならではの特徴です。ほかのウイルスにはみられず、インフルエンザウイルスならではの特徴です。

ころころと遺伝子が変わるしくみをインフルエンザウイルスはもっています。インフルエンザウイルスは、遺伝子が変わるといっても、すでにできあがっているウイルスの遺伝子が変わるわけではありません。

2009年には、今までになかった遺伝子の組み合わせをもったウイルスが誕生しました。トリとヒトと北米のブタのインフルエンザウイルスでした。

インフルエンザH1N1ウイルス

トリとヒトと北米のブタのインフルエンザウイルスが、ブタの体内で遺伝子の取り替えを起こしてできたブタのインフルエンザウイルスが、遺伝子の取り換えを起こしました。パンデミックH1N1ウイルスの誕生でした。

この場合、両親や祖父母の代までの特徴をもち合わせるため、ブタにも感染し、ヒトにも感染して増える、そんなウイルスができてしまったのです。

2009年のパンデミックH1N1ウイルスは、2つの異なるウイルスがーつの細胞に感染、2つの親ウイルスの遺伝子が混ざった子ウイルスが誕生したことで生まれてしまった新たなインフルエンザウイルスでした。

通常はーつの親ウイルスから親のコピーである子どもウイルスが大量生産されますが、2009年のパンデミックH1N1ウイルスは特殊でした。

2009年のパンデミックH1N1ウイルスは特殊で、父親と母親由来の遺伝子を持ち、それぞれの親とは似ているけど同じではないのと似ています。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

インフルエンザ脳症とは?原因や特徴

インフルエンザ脳症は、発生件数は年間200-300人にのぼります。乳幼児のインフルエンザにともなった脳症として大変問題になっており、研究が進んでいます。 インフルエンザ脳症は、サイトカインストームが考 …

no image

健康診断システムに疑問を持つ専門家の意見

現在の健康診断のシステムを否定したり、健康診断の問題点をいくつか指摘している専門家が多くいるようです。本来健康な人が、健康な職場で、健康に働いているのですから、当然と言えば当然のことですし、たいへん結 …

no image

エムズブライダルは最悪?

エムズブライダルは最悪だといううわさが流れているようですが、それは本当なのでしょうか? ネットで評判を調べていると、エムズブライダルは最悪だという声があがっているのを見かけます。 エムズブライダルに登 …

no image

輸血クロスマッチ-輸血する血液を混ぜ合わせて合わせる-用語集

医師の間で使われることがある、色々な用語を紹介しよう。 ・クロスマッチ クロスマッチというのは、患者の血液と輸血する血液をクロスして(混ぜ合わせて)、その両者がマッチするか(相性が合うか)をみるのであ …

no image

誰もが毎日夢を見てる 覚えていないだけ

トイレに行く夢を見れば、起きるのを先延ばしにできる。生理的欲求を満たしたつもりになるからだ。これを夢の二次加工という。 実際に見た断片を目覚めたあとで組み立てたものと考えられている。出かける準備をする …