雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

できない人はできない?-この人たちは頭が悪いのか?

投稿日:

俗に「できない人」という人がいます。この人たちは頭が悪いのかというと、決してそうではありません。学校の成績は非常に優秀であることも結構あります。私がカウンセリングをした人の中にも、何人かそういう人がいました、と語るある先生。

そのうちの一人の男性(仮にAさんとします)は、バブル期の絶頂という好環境の中にあっても無職でした。バリバリ仕事をする能力は十二分にもっているのです。しかし、じっさいには、大学を出て公務員になったものの、四〜五年で退職してしまい、その後はアルバイトを転々とするだけで、四〇代になろうかという年齢になっても仕事にっけないありさまでした。なせでしょう。

彼の大学時代の成績を見せてもらったことがありますが、すべて「優」に近いことに驚かされました。うまく自分の気持ちを相手に伝えられません。人とのコミュニケーションがちぐはぐになりがちで、テンポがずれてしまうとなれば、ものごとは悪循環となってしまいます。やることなすことうまくいかないのもムリはありません。

自分のもっているせっかくの能力まで萎縮させた

Aさんは強度の乾音どもり症だったのです。対人関係に非常な苦痛を感じている人でした。自分が乾音であることに負い目を感じていたそうで、話も遠慮がちでシドロモドロ。Aさんは、強い劣等感のために、自分のもっているせっかくの能力まで萎縮させてしまったといえます。

「心というのは、天気と同じだ」と言っていいます。晴れの日もあれば、曇りや雨の日もある、また、雪もあれば嵐の日もあるのが心なのだと申しあげているのです。もっと厳密な言い方をすれば、心は刻一刻と変化していると思ってよい分がよかったり、カリカリしたり、欲にとらわれたり、まじめな気分にな分間たりとも同じ姿をしていないのがでしょう。

「心」はなぜ「ココロ」と読まれるのでしょう。昔は心のことを「コロコロ」と言っていたという説があります。「コロコロ」が、やがて転じて「ココロ」と言われるようになったというのです。
つまり心とは、コロコロ変化するものであるということです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

20分集中して10分休憩する時間の使い方で勉強がはかどる

ところどころで休憩をとることで、集中力はよみがえり、勉強が長続きする。では、どの程度の割合で休憩をとればいいのか?基本的には自分の能力や体調に合わせるしかないが、一つの目安としたいのが、「20分集中し …

no image

社会人の勉強は朝やればいい

ある人から「一日の仕事は朝のうちにやる」と聞いたこともあります。仕事は一日かけてやるものです。なぜ朝のうちにやれるのでしょう。結論からいえば、「気にかかることは朝のうちにやる」ということです。全部の仕 …

no image

記憶力と睡眠の関係

記憶にかける時間を多くすればするほど、覚える量も多くなると思ってのことだろうが、なかなか思惑どおりにはいかない。長時間にわたってたくさんのことを記憶しょうとすると、頭の中には、覚えなければならない事項 …

no image

本に落書きをしてイメージで記憶する

本を読んでいて、このページは使えるというところがあれば、ページの片すみに、どんなものでもいいですから、落書きする。たとえばある項の記述が気に入ったら、そのページの余白に自分の好きな異性の顔の落書きをし …

no image

緊張をほぐすリラックス法

人間は極度の緊張状態に陥ると、全思考、全行動がストップ(制止)してしまいがちです。たとえば、自動車が衝突する瞬間、左右どちらかにハンドルを切ればいいのに、その瞬間、体が硬直し、ぶつかるまで何もできなく …