雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

メンタルトレーニングはイメージトレーニング

投稿日:

メンタルトレーニングは今に始まったことではなく、昔からスポーツの世界で行なわれていました。諸外国ではごくあたり前の練習法でしたが、日本は、メンタルトレーニングよりも、根性、精神力といった観念論が先行していたために、諸外国に比べると、当時で二年ぐらい遅れていました。メンタルトレーニングとは、イメージトレーニングであると思えばよいでしょう。

日本で本格的に導入されたのは、ソウルオリンピックあたりからです。「メダルまちがいなし」と思われた選手がバタバタ負けていくのを見て、日本も本格的にメンタルな面での強化をしなければいけないということになった。

勝利の瞬間をイメージすることも忘れてはなりません。表彰台に立って、両手をあげて、声援に応えている自分の姿を描くのです。そういったトレーニングが、勝利をより現実的にしていくのです。スポーツの世界ばかりではありません。試験でも同じです。試験会場で、冷静になって解答している自分の姿を思い描いてください。

イメージをしてはじっさいにやって

イメージの中で、自分の動きをトレーニングしていく。もちろん、イメージの中で完璧にできても、じっさいの動きはイメージ通りにはなりません。イメージをしてはじっさいにやって、じっさいにやってはまたイメージにもどってトレーニングする。そういうくり返しを通して、より完壁に近い動きができるようになり、かつ弱点を克服していけるのです。

メンタルトレーニングは、勉強に入る前、また勉強が終わって寝る前のふとんの中でサラリと行なうのが効果的です。ポイントは、構えないことです。「さあ、メンタルトレーニングをするぞーッ」と気合いを入れすぎると、かえって努力逆転の法則にはまってしまうことがあります。サラリとやることです。

時間はほんの一分〜五分ぐらいでオーケーです。試験会場に入って席につく姿解答用紙と問題が配られる風景問題を冷静になって解いている姿問題を解いて「できたっ」と万歳している姿「合格」の掲示板を見ている姿(もしくは合格通知をもらって喜んでいる姿)そういった流れのイメージをサラリと描くとよいでしょう。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

社会人の勉強は朝やればいい

ある人から「一日の仕事は朝のうちにやる」と聞いたこともあります。仕事は一日かけてやるものです。なぜ朝のうちにやれるのでしょう。結論からいえば、「気にかかることは朝のうちにやる」ということです。全部の仕 …

no image

数量認識の未発達の子どもには数をおりこんだ会話をする

算数のできない子といわれている子は、主として家庭などでの会話や、経験の中で、数量を意識させられるような生活の非常に少なかった子です。 「もう八時三分になりましたよ。早く寝なさい」「お年玉を貯金してきた …

no image

勉強を面白くする方法

数学でわからない箇所があると、なかなか進めない。進めないと授業から遅れ、ますます嫌になる。こうした時、やりようによっては、うまく切り抜けられる。そうすれば、数学に興味を抱くようになる。 学ぶ側からいえ …

no image

内言の思考について

丸写しという勉強は、子どもの内言の発達に役立ちます。言語には、三っの機能があります。伝達と思考と自己統御の三つの働きをもっています。 思考は、自分の頭の中で思いをめぐらせたり、考えをくみたてたりするこ …

no image

一桁一回引きをやってみる

一桁一回引きは、大人でも五分以内にやりとげることは、ちょっとむずかしい。一個所でもまちがえば、最後の答えが0にならない。どこでまちがったのだろうと験算をやっていると、すぐ五分の制限時間は超過してしまい …