雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

自信の裏付けは努力の量による

投稿日:

プレッシャーに強く、しかも、そのプレッシャーを利用できる人というのは、プレッシャーの体験を何度もしています。そのためには、日常生活で、なにごとにも積極的にとり組む姿勢をもつことです。

勉強というのは「これでいい」と思えることはありません。やればやるほど深くなり、キリがありません。ですが、それでも十分やってきたという満足感を持っていなければ、「いざここで!」という力は発揮できるものではありません。

「私はできる」という自信の裏づけは、努力の量によります。努力が少なければ、成果は少なく、努力が多ければ成果も大きくなります。勉強の世界でいえば、やはり、合格する人は、合格するだけの勉強をしている。

人と同じような分量の努力では、真の自信にはならないでしょう。人が遊んでいる時に勉強しているという目に見えないところでの努力が、大きな自信を生み出し、強いプレッシャーの中でもすばらしい力を発揮させるのです。

進んでプレッシャーの中に飛び込む

試験の時だけ本気に勉強するのではなく、いつでも勉強をたやさないようにしましょう。会社の中でも、会議やミーティング、責任重大な仕事に際して、人にまかせるのではなく、進んでプレッシャーの中に飛び込んでいきましょう。

また、日頃からプラス思考をしているプレッシャーを利用できる人は、常に前向きです。常に強気です。常にプラス思考をします。「できない」とは言いません。「だめだ」とは言いません。「無理だ」とは言いません。「くるならこい」「どんとこい」「何とかなる」「どうってことない」といった言葉がキーワードです。そういった言葉を常日頃から使っていると、少々のプレッシャーには負けません。

修羅場をくぐり抜けた人は、実に強いものです。まさに生きたプレッシャー克服法を実地で身につけるようなものです。がんばってほしいと願います。集中する力が人並み以上にある。その時はつらいと思います。しかし、そういう体験をできるだけ多くしておくことで、少々のプレッシャーではビクともしない強靭な精神が育っていくのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

砂糖と子供の骨折の関係

今日の欧米諸国の子どもの虫歯の保有率なみです。それがいまでは、虫歯持ちの子は九五%を越え、 世界一になってしまいました。ある先生の担任している学級で、一六本も虫歯のある女の子がいました。かわいい顔の子 …

no image

プレッシャーを克服するには

「入念に準備したから、当日、一字一句その通りにしゃべろうと緊張し、そのあまり、頭の中が真っ白になって失敗したんだ」と私は反省しました。それよりも出たとこ勝負で、思いついたことをポンポンと出したほうがリ …

no image

勉強に集中できる環境は必ずしも静かな部屋とは限らない

ある人にとっては整然と片づけられたデスクが集中できる環境であっても、別な人にとってはそうとはかぎらない。むしろ、ゴチャゴチャとした場所のほうが集中できるという人だっている。たとえば、深夜誰もが寝静まり …

no image

子供に音読してあげることによる効果を知ろう

どこの学校でも、あまり音読は重視していないのでしょうか。それとも、子どもに教科書を読ませるような、ゆったりとした授業をするひまがないのでしょうか。いつも、段落は?要点は?主人公の心情は?主題は?といっ …

no image

計算が正しく早くできるようになるための練磨

計算が正しく早くできるようになるための練磨は、新たな学力を獲得するための資質や習性をより強めていく上でも実効があります。計算力を伸ばすことは、学力全体を引き上げる上で、牽引車としての機能を果たすもので …