雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

プレッシャーを克服するには

投稿日:

「入念に準備したから、当日、一字一句その通りにしゃべろうと緊張し、そのあまり、頭の中が真っ白になって失敗したんだ」と私は反省しました。それよりも出たとこ勝負で、思いついたことをポンポンと出したほうがリアルな気持ちでお話ができ、かえってうまくいくことも発見しました。以来、いっさい準備をしなくなりました。

私はプレッシャーに弱いほうです、と語るある人。そこで、たとえば講演や研修には、前日の準備を何もせずに本番に臨むようにしています。前日に講演の準備を念入りにすると、かえって不安が増大し、当日うまくいくなることが過去何度かあったからです。不安が増大して眠れなくなり、当日は頭がボーッとして何も言えなくなってしまいました。

どの世界に行っても、プレッシャーはつきものです。プレッシャーを避けて、家の中に閉じこもっても、プレッシャーはなくなりません。いつも目に見えない「社会」という名のプレッシャーを感じています。本人は「このままではいけない。ふつうの人と同じように外に出て、働いて、自分の生活をしよう」と望んでいるのです。それができないのは、社会というプレッシャーといつも闘っているからなのです。

努力と成果は比例する

プレッシャーを何度も体験している集中する力が人並み以上にある。日頃からプラス思考をしている日頃からメンタル・トレーニングを欠かさない。プレッシャーをもってプレッシャーを制する。目に見えないところで努力(練習)を積んでいる「努力と成果は比例する」ーこれは絶対的な真理です。

どんな人でも、プレッシャーを感じながら生きているのですから、一般の生活ではプレッシャーを感じないわけはない。ですから、プレッシャーは、うまく利用するしかありません。一流といわれる人は、プレッシャーをじょうずに利用できる人です。ビジネスの世界でも、スポーツや勝負の世界でも、「ここぞ」という時に、大きな力を発揮できる人は、次の五つの特長をもっています。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

教科書を丸暗記する一番よい方法

多くの人は、「個々の単語を記憶するだけでも苦労するのに、ましてや教科書を全部覚えるなど、大変だと思うだろう。しかし、この考えは、誤りである。丸暗記するのは、実に簡単だ。二十回も繰り返し読めば、自然に覚 …

no image

目的意識の持ち方

あいまいな答えを具体的にしていくため、同じ質問にくり返し答えることにより、その答えが自己暗示語となる。そのくり返しは、潜在意識に強烈にインプットさせることができる。潜在意識にインプットした言葉は、具体 …

no image

計算が正しく早くできるようになるための練磨

計算が正しく早くできるようになるための練磨は、新たな学力を獲得するための資質や習性をより強めていく上でも実効があります。計算力を伸ばすことは、学力全体を引き上げる上で、牽引車としての機能を果たすもので …

no image

子供が勉強を自分からやるようになった例

子どもが、毎日の家庭学習を言わずともやるようにしつけていった例を紹介しましょう。共働きの家庭の子です。かなり落ちこぼれていることは、通知簿からも察せられました。その子は、小学校五年の男の子で、勉強する …

no image

エネルギーを使わない記憶方法

記憶には、時間と体力だけではく、相当な精神エネルギーが必要です。みなさんも同じにちがいありません。暗記科目が不得意な人はもちろん、得意な人でも、ものをおぼえるには、大きな精神エネルギーを使うものなので …