雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

緊張をほぐすリラックス法

投稿日:

人間は極度の緊張状態に陥ると、全思考、全行動がストップ(制止)してしまいがちです。たとえば、自動車が衝突する瞬間、左右どちらかにハンドルを切ればいいのに、その瞬間、体が硬直し、ぶつかるまで何もできなくなると聞きます。緊張のあまり目が点になるのと同じように、心身も「点」になるのです。

私は、受験勉強をほとんどしないまま大学受験に臨みました、と語るある人。「今さら騒いでもしかたない」と思い、試験会場ではスポーツ新聞を読んでいました。「私が旅行に出かけれ、必ず晴れる」といった「晴れ男、晴れ女」という根拠のない自信をもっている人がますが、私も、それに似た、「まあ、何とかなる」という気持ちでした。

日本がサッカーのワールドカップフランス大会初出場で四戦全敗をした時、ある選手がシュートに失敗しても、ニャニャ笑ったり、ガムを噛んだりしていてシを買ったことがあります。「まじめにやっていない」と思われたのです。しかし、じっさいはそうではありません。あれも、緊張感を解きほぐす彼なりのリラックス法だったのです。

私なりのリラックス法だった

受験は、失敗しました。やっぱりやることをちゃんとやっておかなければだめだという当然の結果が出たのでした。ですが、これは当時の私なりのリラックス法だったのです。

「ぶつかるッ」とわかっていても、体が固まったまま動かなくなる。サッカー選手も、決定的瞬間にはやはり自分の体が自分の体でなくなるのでしょう。私たちは、観客席から「こうすれば、ああすれば」と勝手なことが言えるのですが、当人は、やはりあわてるのです。そういった緊張をとり除くのに、ニャニャとガムが必要だったわけです。

ちょっとミスをした時、誰もが頭をかいたり、テレ笑いしたりします。それと同じだったのです。また、プレッシャーに弱い人は、プレッシャーを避ける行動をとろうとします。たとえば、人を避けようとしたり、自分を病気にしたりします。どうしても逃避できないなら、プレッシャーを克服する考え方に切り換えたり、心理トレーニングをしたりします。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

自由な雰囲気の家庭と抑圧的な家庭での子供の知的好奇心の差

一般的に学力の高い子は、その両親から暴力をふるわれたり、せっかんを加えられたりの恐怖とはまず無縁な環境の中で生育してきています。わんぱくや、どたばた騒ぎも、他人の迷惑にならないかぎり大目に見てもらえる …

no image

日常、だらしない生活を送っていると他の子のテンポについていけない

しつけには、色々な分野があります。学校でのくらしも、チャイムの合図をもとに、一定の秩序とリズムのあるくらしが日々行われています。チャイムが鳴れは教室に入る。教科書やノートを出しておく。先生に礼をする。 …

no image

一桁一回引きをやってみる

一桁一回引きは、大人でも五分以内にやりとげることは、ちょっとむずかしい。一個所でもまちがえば、最後の答えが0にならない。どこでまちがったのだろうと験算をやっていると、すぐ五分の制限時間は超過してしまい …

no image

勉強に対するやる気を出す方法

どうしても勉強に対するやる気が起きないときもあるだろう。勉強のやる気を起こしたかったら、まずはその勉強を「好き」になるのがいちばんである。「やる気」と「好き嫌い」がいかに密接に関係しているかは、科学的 …

no image

読書の喜びを子供に経験させてください

短時間ずつでも家庭の生活の中で、知的雰囲気を醸し出す時間を設けて、本に親しむひとときを過ごすことは、子どもの知的発達に資するだけでなく、家じゅうみんなの文化的水準を引き上げることになります。 子供に本 …