雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

整理されていないものは記憶しにくい

投稿日:

整理されていないものは記憶しにくい、記憶に時間がかかる、あるいは記憶ができないのです。こまかく書かれた参考書を自分で整理するエネルギーはほかのことに使いましょう。基礎結合法を使うなら、「一番が自分の家、二番が隣のたばこ屋さん、三番がコンビニ」というように記憶のフアイルをつくっておく。あとはそれに、おほえようとするものを連結しばよいのです。そうすると、会社の行き帰りにそこを通るたびに確認ができますので、自然と記憶できます。

「どうせ何回もくり返すのなら、最初から完壁にやって、一日で終わらせたほうが効率的だ」と考えるのが、完璧主義者の陥る落とし穴。一回読破するのに一か月も二か月もかかるのなら、一か月で四〜五回読んだほうが効率がよく、かつ記憶に残っているものが多い。

参考書の基礎結合法は、次のようになります。まずは参考書の目次を記憶します(ここで『目次効果』も同時に得られます)それぞれのこまかい項目までおほえたら、参考書の中身を読みます。また目次に戻ります。目次の項目を見て、その本文に書いてあった要点は何かを想起します。あとはこのくり返しで、参考書一冊を、まるごと頭の中に入れていくことが可能になるわけです。これの二点を忘れずに、試験合格の参考書選びをしてください。

たった一問ができなかったばかりに

たった一問ができなかったばかりに不合格では、多くの人が合格ラインの線上に横並びでいが分かれるのですから、「知っているのに思い出せない」という忘却現象を、私たちは「ど忘れ」と呼ん
になるかもしれません。

テストの最中、「あ、これはテキストのあそこにあったヤツだ」とわかっているのに、それが思い出せないそんな苦い経験を誰でももっているものです。メールを書いている時に、「いい言葉が思い出せない」くらいなら何とかなりますが、顔は知っているのに「名前が思い出せない」という場合はかなり困ります。ましてや、テストで同様の現象が起きたら大変です。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

塾へ行っても成績が上がらない

よく、親から塾へ行かすべきかどうかの相談を受けます、と語るある先生。私が担任している子以外の親からも、しばしば問われます。その場合、塾へ本人が行きたがっているかどうかということと、塾任せではなく、いか …

no image

非言語的文化は直観的・具体的・実際的な思考力を著しく促進します

いまのところ低学力でいる子どもでも、打ちこんで読める本にめぐりあいさえすれば、もりもり読書をするように劇的に変わります。本を読む楽しみやすてきさを味わった子は、読書にやみつきとなり、終生、自己教育運動 …

no image

ホラ吹き猫野郎が願望を実現していく

ホラを吹いたら吹いた分、実績を積んでいけばよい。「俺は会計士になる。会計士になったら、年に三回は海外旅行をし、外国に別荘をもつんだ」「私は有名人になる。大勢の崇拝者に囲まれ、今までバカにしてきた人たち …

no image

知的能力、学力は生得的・遺伝的資質によって規定されない

ニューヨーク州立大学の社会衛生学部では、なぜ長子が高知能・高学力になっているのかについての見解を出しています。それは長子は親に期待され、多くの時間をともに過ごし、不断に知的刺激をあたえられて成長してき …

no image

高速学習の方法のコツ

高速学習では、テキストを購入して、いきなり完壁に頭の中に入れようとして、一字一句読み進めていく人がいます。こういう人は大半が挫折します。たしかに、次々に出てくる専門用語の意味をきちんとそのつど把握しな …