雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

よくまとめられた要点だけを抑える割り切りが大事

投稿日:

予備知識や基礎知識のない人は、できるだけ詳しい内容の厚い参考書を選びがちです。けれど、少なくとも高速学習を願う人なら、その誘惑に負けてはいけません。薄いということは、少ないページ数に、重要な点だけがよくまとめられているということを意味します。よくまとめられた要点だけをおぼえればいいと割り切りましょう。

面倒くさいことはできるだけなくすことが大切です。勉強のリストラです。参考書もその対象となります。参考書は、できるだけ薄いものを選んでください。同じことは、試験勉強のテキスト全般についてもいえます。ただ、学校に通っている人は、その学校から購入しなければならない場合があるでしょうから、教科書は必ずしも自分で選べるとは限りません。参考書に注目せざえるを得ないのです。

全体を把握するまでは部分を問わないで、まずは要点を押さえることが大事です。こまかいことは「さておく」勇気をもちましょう。分厚い参考書を最初から一字一句もらさないように読み始めると、ほとんどの人は、一ページくらいで、もうイヤになります。たとえ、その一ページがよくわかっても、あとが真っ白状態では、勉強していないのと同じことです。

よくわからない個所が出てきても

それだったら、よくわからない個所が出てきても、かまわず先へ読み進めるほうがよっぽどよいのです。理解度は、一回目の読破ではあまりよくわからなくても、二回目になれば何となくわかるようになり、三回目ではところどころ理解できるようになり、四回目では理解できるところが急増し、そして五回目で何が大事かがわかるというように深まっていくのですから。

「完全主義は敗北主義」という言葉をおぼえておきましょう。ものごとは、完全であるにこしたことはありません。理想をいえば、分厚い参考書を一字一句、もれなく理解し、記憶しておきたいものです。しかし、人間の能力は無限とはいえ、やはり「容量」があります。時間は自分でつくれるとはいえ、やはり「限界」があります。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

生涯学習時代と社会教育

日本の社会では、実際に必要なことは社会に出てから学ぶことが多い。その意味で、もともと「生涯学習」の社会であった。ただ、これまでの企業内教育は、その企業に特有の知識を教える面が強かった。今後は、企業の外 …

no image

英語を分解するな、全体として把握せよ

英語を分解するな。全体として把握せよ。基礎にこだわっては進めない「正確な発音が重要だ。最初に妙な癖をつけるとあとで直らないから、基礎をしっかりすべし」という英語教師が多い。しかし、例えばrとIの区別は …

no image

日常、だらしない生活を送っていると他の子のテンポについていけない

しつけには、色々な分野があります。学校でのくらしも、チャイムの合図をもとに、一定の秩序とリズムのあるくらしが日々行われています。チャイムが鳴れは教室に入る。教科書やノートを出しておく。先生に礼をする。 …

no image

気分に左右されない勉強法

気分に左右されない勉強法というのはあるのでしょうか?もちろんあります。まず大切なことは、気分の浮き沈みはどんな人でもあるという認識をもつことです。「気分の浮き沈みがあってはならない」と思えば、逆に気分 …

no image

六〇年代のはじめはすべての子どもに高学歴獲得のための門戸を開きました

日本では、六〇年代のはじめはすべての子どもに高学歴獲得のための門戸を開きました。銘柄大学をめざしての受験戦争は熱狂的になりました。むだにエネルギーを費やしました。そこで手直しに出たのが、教育正常化とい …