雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

試験前に集中力を落とさないために生活リズムを立て直しておく

投稿日:

自分でつくった問題を、どう使いこなすか。問題は、紙に書いてもかまいませんが、パソコンにどんどん入力していくのがよいでしよう。そして、パソコン画面を見ながら、一問三秒以内で即答するようにトレーニングします。自分でつくった問題ですから、まちがっても「この問題はテキストのどのページ」というのがすぐわかり、調べるのも楽です。

ちょっと気合いを入れれば、一日で五問、一問をつくることも容易です。しかし、計算を要する問題文は、その元となる問題を理解し、納得していなければつくれません。それゆえ、計算を要する問題文をつくるということは、基本的なことを理解しており、かつそれを応用する訓練をくり返すことになり、実力が飛躍的に高まっていく。

即答三秒以内というのは短いようですが、これが意外と長く感じます。最初は、ポーン、ポーン、ポーンというようなリズムになるでしょう。二度、三度とくり返すうちに、それがポン、ポン、ポンという軽いリズムに変わってくるはずです。こうなると、相当力がついてきたと思ってよいでしょう。

生活リズムを早いうちから立て直す

試験も一週間前、つまりほとんど直前になったら、何をすべきでしょうか。いちばん大切なことは、生活のリズムを立て直すことです。夜型の人のための「時差ボケ対策」は次の通りです。夜は一時前に寝るようにする朝起きたら朝日を浴びる朝の光を浴びると、日ざめがきわめてよくなります。

昼休みに一〜一五分の昼寝をするコーヒーを飲んですぐに昼寝をすると、目ざめの頃にカフェインの効果が出てきてスッキリします。アフターファイブはほどほどにし、試験直前の一週間は遊びをひかえめにする以上四点にを気をつけて生活を送ると万全です。

朝型の人はそのままの生活と勉強でかまいません。しかし、夜型の人は、午前中スッキリ状態をつくらなければなりません。試験は、長いものだと午前中一科目、午後二科目という場合もありますので、生活リズムを早いうちから立て直す必要があるのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

数字の覚え方のコツ

最近パソコンのパスワードが盗まれて、お金をとられたとか、買ってもいない品物が届けられたとか、いろいろな事件が起きているようです。そういう問題をなくすにはどうしたらいいのだろうか。「日経バイト」誌に掲載 …

no image

勉強する上での中心とは何でしょうか?

前に、小中学生の学力が落ちたというニュースが話題になりました。こまかい点はおぼえていませんが、たとえば、次のような問題に答えられたのが、わずか三割だったといいます。「昨年、全校生徒八〇〇人のうち図書館 …

no image

明日から勉強すると決めたのにできない場合

最終目標は山頂であれ、初めから山頂を目標にしたのでは、気力がついていかないのだ。それよりも、最初の目標は小さいところにおくことである。富士山に登るにしても、最初は「とりあえず六合目の小屋まで登れればい …

no image

子供の近視の原因はテレビ!?

夕食後の光景を想像してみますと、茶の間に一家がくっろいでいます。父親がテレビの正面に座り、姉がその左にいるとしましょう。彼女は、左の目だけで見ているのです。弟は父親の右で、肘をついて見ています。右の目 …

no image

体内に入り過ぎた糖分という含水炭素の与える害

体内に入り過ぎた糖分という含水炭素は、中性脂肪に転化して、動脈硬化をひき起こすコレステロールとなって、血管に付着していく。ある大学の教授は、鬼の餌のおからに毎日砂糖を五gずつ入れてあたえたところ、二五 …