雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

試験前に集中力を落とさないために生活リズムを立て直しておく

投稿日:

自分でつくった問題を、どう使いこなすか。問題は、紙に書いてもかまいませんが、パソコンにどんどん入力していくのがよいでしよう。そして、パソコン画面を見ながら、一問三秒以内で即答するようにトレーニングします。自分でつくった問題ですから、まちがっても「この問題はテキストのどのページ」というのがすぐわかり、調べるのも楽です。

ちょっと気合いを入れれば、一日で五問、一問をつくることも容易です。しかし、計算を要する問題文は、その元となる問題を理解し、納得していなければつくれません。それゆえ、計算を要する問題文をつくるということは、基本的なことを理解しており、かつそれを応用する訓練をくり返すことになり、実力が飛躍的に高まっていく。

即答三秒以内というのは短いようですが、これが意外と長く感じます。最初は、ポーン、ポーン、ポーンというようなリズムになるでしょう。二度、三度とくり返すうちに、それがポン、ポン、ポンという軽いリズムに変わってくるはずです。こうなると、相当力がついてきたと思ってよいでしょう。

生活リズムを早いうちから立て直す

試験も一週間前、つまりほとんど直前になったら、何をすべきでしょうか。いちばん大切なことは、生活のリズムを立て直すことです。夜型の人のための「時差ボケ対策」は次の通りです。夜は一時前に寝るようにする朝起きたら朝日を浴びる朝の光を浴びると、日ざめがきわめてよくなります。

昼休みに一〜一五分の昼寝をするコーヒーを飲んですぐに昼寝をすると、目ざめの頃にカフェインの効果が出てきてスッキリします。アフターファイブはほどほどにし、試験直前の一週間は遊びをひかえめにする以上四点にを気をつけて生活を送ると万全です。

朝型の人はそのままの生活と勉強でかまいません。しかし、夜型の人は、午前中スッキリ状態をつくらなければなりません。試験は、長いものだと午前中一科目、午後二科目という場合もありますので、生活リズムを早いうちから立て直す必要があるのです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

効率的な読書をする

書く側にはさまざまの「事情」がある。それにもかかわらず、文章は一次元的な展開にならざるをえない。だから、読む側は、それを知った上で効率的に読めばよい。理解するには、必ずしも文章の順序に従う必要はないの …

no image

できない人はできない?-この人たちは頭が悪いのか?

俗に「できない人」という人がいます。この人たちは頭が悪いのかというと、決してそうではありません。学校の成績は非常に優秀であることも結構あります。私がカウンセリングをした人の中にも、何人かそういう人がい …

no image

歴史の勉強を面白くする方法

歴史の勉強を面白くする一つの方法は、革命などの主要な事件を中心として、さまざまな世界史的事件を多角的に関連付けてみることであろう。フランス革命を例にとると、それに先だってイギリスの産業革命、アメリカ独 …

no image

成功をイメージしたらいまの勉強のつらさも軽くなる

勉強に集中できない、勉強がはかどらないというときは、勉強をマスターしたあと、どんな楽しいことが待っているかをイメージしてみるといい。たとえば、インターネット上で勉強の成果を発表したら、大きな反響が返っ …

no image

自分を成功に導くチェック事項

自分を成功に導くチェック事項を紹介していきます。チェックの例を提示しておきますから、みなさんはその中から自分にあてはまるものを抜き出し、それを机の上に貼っておいたり、手帳にはさんでおいたりして、いつも …