雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

自分でつくる問題集で勉強する

投稿日:

問題の数は、五問から一問が適当だと思います。問題をつくる暇があるなら、市販の問題集をやったほうが効率がよいと考える人がいるかもしれません。しかし、基本的なことはもう押さえたと見切れた場合は、むしろ、自分用の問題をつくったほうが効率的なことを知っておきましょう。とくに、重要語句をおぼえるのにとても役立ちます。

半年間でどう万全の試験準備を整えるかという視点から、問題集を中心にした勉強をしてはどうか。前半の三か月で一冊の問題集を三か月間で最低五回はやろう。そして次は、後半の三か月間に何をするか。選択肢はいくつかあります。そのまま本番まで、今までやった問題集をやり直す方法。別の問題集を探して、同じようなやり方で本番までやるという方法。

どれもそれなりの効果があります。後半の三か月日に入った時、一か月間かけて、自分で問題集をつくります。どうしてもおぼえられない、まちがいを犯しやすいところをピックアップして、それを問題集にする。

次のように自分で問題をつくる

次のように自分で問題をつくるのです。

心筋に酸素と栄養を送る動脈を何というか()
狭心症になる男女の比率は、()
撲心症は心臓の筋肉がどうなる病気か()
階段をのぼったり、速く走ったりする時に起こる発作を何というか()
心筋の虚血によって起こる病気は狭心症のほかに何があるか()
冠動脈の狭空部分に金属製の補強器具を装着する方法を何というか()
カッターでアテローム部分を削り落とす治療法を何というか()
冠動脈に起きやすい動脈硬化を何というか()
睡眠中や安静時に突然発作が起こる狭心症を何というか()
足の付け根などの動脈から行なう治療法を何というか()

暗記系の問題は、記憶術でいう「目隠し法」みたいなものです。重要な語句を()で隠せばいいのですから、問題文をつくることは難しくはありません。もちろん、こういう問題はじっさいにはありません。不得意分野を問題集や教科書からぬき出して自分でつくった問題です。一日三問〜四問をつくっていくと、一か月でゆうに一問はつくれます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

記憶しようとするなら、まず対象に注意を向けよう

意識していないことや、ぼんやりとしか観察していないことは、記憶できない。だから、記憶しようとすれば、まず対象に注意を向けなければならない。これはあたり前のことだ。しかし、実生活では、覚えるべき対象に注 …

no image

子供の近視の原因はテレビ!?

夕食後の光景を想像してみますと、茶の間に一家がくっろいでいます。父親がテレビの正面に座り、姉がその左にいるとしましょう。彼女は、左の目だけで見ているのです。弟は父親の右で、肘をついて見ています。右の目 …

no image

高速学習の方法のコツ

高速学習では、テキストを購入して、いきなり完壁に頭の中に入れようとして、一字一句読み進めていく人がいます。こういう人は大半が挫折します。たしかに、次々に出てくる専門用語の意味をきちんとそのつど把握しな …

no image

脳細胞の死滅と再生

脳細胞は、筋肉同様、再生するのでしょうか。答えはイエスです。たとえば脳卒中などの脳疾患で無意識状態になっている人に対しても、理学療法士は体を動かすリハビリを始めます。体に刺激を与えることで、まだ生き残 …

no image

子供にあたえる砂糖による害

学校での教師を囲んでの座談会で、きまって出されるのが、子どもの勉強のしぶりの頼りなさです。仕事を言いつけてもさっとしてくれないし、勉強へのとりかかりがぐずぐずしていて、そはで見ているといらいらするとい …