雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

試験本番に強くなるには?

投稿日:

試験は「本番力」が重要です。「本番力」のアップに大事なことは、「習うより慣れろ」ということです。つまり、問題を解きまくれということです。勉強をオーソドックスにとらえれば、まず基本があって、基本の上に応用があります。

自分自身との闘いに勝つと同時に、準備万端で土俵にあがるかもしれないライバルに勝つ力を養う必要もある。準備万端の勉強をすればよいのかもしれません。ですが、仕事をもっての勉強では難しい面もあります。それに、テストは他人との競争だという面もあります。

基本は無視できないのが当然です。しかし、短期間で試験に臨む場合は、基本から応用に進むオーソドックスな勉強法では間に合わないことが往々にしてあります。テキストを完全読破、完全理解してから試験問題にとり組む方法は放棄し、いきなり試験問題(過去問題や市販されている問題集)からとり組んでみましょう。

苦手意識をもつ子どもにはとても有効

一長一短はありますが、苦手意識をもつ子どもにはとても有効です。くり返し行なうことで苦手意識がなくなり、かつ、問題を解くことに慣れることで「解法パターン」をおぼえていくのですから。「わかる」という自信と「できる」という自己イメージを自分に植えつけることの効果は、おとなの勉強にも共通です。

一見無謀なやり方に見えますが、意外とそうではありません。とくに経験上「自分は本番に弱い」と思っている人には有効です。「公文式」という塾があります。この塾のよさは、子どもに難しい問題を解かせるのではなく、自分の今できるレベルの問題を何回もくり返しやらせることで理解を深めるというやり方にあると、思います。

「問題解きまくり」は、短期間のうちに資格をとろう、点数をあげようという人にとても有効な方法といえます。あと、問題集を有効に活用するために、問題集の選び方問題集の選び方はとても大切です。とりわけ問題集についている「解答集」に注目すべきです。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

本が子供に与える影響

本には、親や教師から深く聞けなかったことがらや、日常教えてもらえない知識がたくさんのせてあります。親の考えとは、その発想も論理もまったく異質の知見も書かれています。教師の語ってくれないさまざまな歴史や …

no image

時間の管理と運命の考え方

「運命は変えられるかどうか」について、みなさんはどのようにお考えでしょう。「運命は変えられる」という考え方と「運命はすでに決まっていて変えられない」という考え方があります。どちらが正しいのか、じっさい …

no image

能力の差は努力とノウハウによってかなりの程度まで克服できる

「学力」と「得点力」は別のものである。「学力養成を主軸とし、得点力は方便として利用する」のがよい。成績が悪い生徒に、とにかく得点力をつけさせる。これによって「勉強ぎらい」から脱却させることができる。 …

no image

究極のカンニング-細工をしているのは自分の頭

「究極のカンニング法」を伝授したいと思います。よく知っている基礎に記憶を連結していけば、基礎が「想起の呼び水」となって、記憶の倉庫から記憶を呼び戻すこの基礎連結法の「基礎」をテスト会場に持ち込み可能な …

no image

英語独特の言い回しが日本人に分かりにくいことがある

日本人には、なかなか言い回しは思いつかないことがある。感覚は、沢山の文章を読むことによってしか獲得できないもの。また、iviedwalsというような表現を知っていると便利であるけれども、なかなか日本語 …