雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

教育

本に落書きをしてイメージで記憶する

投稿日:

本を読んでいて、このページは使えるというところがあれば、ページの片すみに、どんなものでもいいですから、落書きする。たとえばある項の記述が気に入ったら、そのページの余白に自分の好きな異性の顔の落書きをしておくのです。そうして、その落書きとその情報を関連づけておぼえておけばよいのです。

伝説的な記憶の神さまといわれたある先生は、教科書をおほえる一つの方法として「落書き」をよくしていたと聞いたことがあります。記憶は、何かに関連づけておぼえると定着しやすくなります。その一つの手段として「落書き」をしていたのです。

ページの冒頭の記述を自分の恋人(たとえば花子さんという名前)と関連づけてイメージすればよいのです。「花子とまるごと短期間で頭の中に入れる方法」というようなイメージをつくってください。そうすると、本を読み返す際、そのページになれば「花子さん」の絵(落書き)があるわけですから、「そうだ、花子といえば短期間で一冊の本をまるごと頭の中に入れる方法」だと、その項目の情報がありありとよみがえってきます。

ポイントはできるだけイラスト化することです。そのほうが、速く頭の中によみがえってきます。これは記憶のし方ですが、速読で本を反復しながら読み返す時、その落書きを見れば、自動的にスイッチオン状態となり、そこの内容がありありとよみがえってくるわけですので、これもまた、高速学習として有効な方法です。

本番で撃沈する人

自分自身の「試験史」をふり返って、「あれだけ頑張ったのに、なぜ不合格だったのかなあ」といつまでも悔いが残る試験と、「よくまあ、受かったもんだ」と今でもラッキーに思う試験と、両方があるのではないでしょうか。その差はどこにあるのかを究明し、本番でしっかり実力を発揮できるようにするのが、いや、あわよくば実力以上の力を出す「技術」を身につけることです。

「本番力」という言葉があります。試験の本番で力を十分に発揮する能力のことです。模擬試験では成績はよくなかったけれど、本番では思いがけない力を出して合格する人もいれば、逆に「絶対だいじょうぶ」と誰からも太鼓判を押されていたのに、本番で撃沈する人もいます。

-教育

執筆者:

関連記事

no image

他律的文化は子どもに適応的・定常的態度を養う上でとても大事

私のこれまで担任した二名ほどの子どもの中にも、そのような実例はいくつかありました、とある先生は語る。その男の子を受け持ったのは、小学校二年のとき。よく本を読み、字も極めてきれいに書き、テストは一点が通 …

no image

子供が自主的に勉強などをするようになった理由は

あの子が、親の方からやいやい言わないでも、自分からさっさと勉強をするような子になってくれているのは、あの一年生のときの習慣づけのおかげだと思っています、と語るある母親。 わたしはあまり勉強をしていなか …

no image

テレビは抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかける

テレビづけは、書きことばの力の発達即ち概念を操作し、抽象的思考を進める能力の発達にブレーキをかけています。子どもの好むテレビのコマーシャルはこんなものです。「コレ、コータロー、親のいうこと、ねてきくも …

no image

共通属性法は覚えるべき対象から共通する属性を抜き関連付けを行なう方法

「共通属性法」は、覚えるべき対象から共通する属性を抜きだし、それによって関連付けを行なう方法である。例えば、「三菱」=スリー・ダイヤモンドから「ダイヤ」を、メガネから「ガラス」を、そして石井から「石」 …

no image

頭脳のネットワークを増やすトレーニング

今、目の前にあるのは、湯のみ茶わんです。この物体は、お茶をいれるから湯のみ茶わんになりますが、鉛筆を入れれば鉛筆立てになります。そのように発想を広げてみてください。次の設問に、最低三以上の発想ができれ …